公道仕様

スリックタイヤMTBでも26インチより27.5インチ(650B)が有利な理由

26インチマウンテンバイクに細めのスリックタイヤを装着した場合、タイヤの外径は細くなる。そのため、小径車みたいに加速は良くなる一方で、スピードの落ちが700c等の大きい車輪よりも速くなる。そのため、人によってはマウンテンバイクに700cの車輪を装着する人もいたほどだ。

現在、26インチマウンテンバイクは少数派となりつつあり27.5インチ(650B)が、現在の主流となりつつある。最近では、少しづつだが安価なタイヤも登場し、スリックタイヤも購入できる。ここで気になるのが、もし27.5インチMTBにスリックタイヤを装着した場合、どのようなことになるのか。調べてみると、27.5インチホイールにランドナー用タイヤのパナレーサー・コルデラヴィを装着した記事を発見した。

逆襲のスリックMTB 27.5インチ(650B)編 

上記の記事では、いろいろなブランドの26インチスリックタイヤを試してみたが満足せず、27.5インチで試してみたら、タイヤの外周が700×23Cにかなり近くなるので、スピードの伸びが良く良評価のことだ。

使用条件にもよると思うけど、オフロード走行や舗装路走行でも27.5インチMTBは、26インチMTBよりも有利な状況のため、今後、益々本物の26インチMTBは少なくなると思う。ただ、27.5インチMTBを購入する場合、27.5インチMTBは、2015年現在タイヤがまだ少なく、どこでもチューブを取り扱っているわけでは無い。また、依然として26インチMTBのほうがタイヤのラインナップが多く、安価なタイヤもある利点が存在するので、非競技志向の人は考えて購入したほうがいいだろう。

27.5インチ(650B)車輪関連 | シクロライダー
Amazonで27.5インチ(650B)のタイヤを探してみる

特別特集(PR)

Special【PR】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【PR】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【PR】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-公道仕様

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.