クロスバイク・トレッキングバイク ロードバイク

パナソニックのエントリースポーツ自転車はお買い得か?

パナソニックの自転車は、電動アシスト自転車と高価格スポーツモデルの「パナソニック・オーダーシステム」が中心となっていて、低価格系のスポーツモデルは非常に少ない。パナソニックのエントリースポーツ車は、ロードバイクのエスプレッソ、クロスバイクのスプリングボック、マウンテンバイクのクロスロード27.5の3シリーズのみとなっている。

エスプレッソ・アルミ

10~11万円のロードバイク。アルミフレームでフロントフォークはカーボンと他のロードバイクと変わらないスペックとなっている。スペック表では、詳しい部品ブランド名が書いてないわりに装着可能タイヤサイズ(前後)が書いてあり、700×26Cまでの太さのタイヤを装着できるとのこと。付属品では、スポーツライト・リフレクター・ベル・ワイヤー錠があり、比較的付属品は多い。リア8速仕様のエスプレッソ・アルミLと、リア9速仕様のエスプレッソ・アルミSの2種類がある。

エスプレッソ・アルミL

・アルミフレーム/カーボンフォーク
・キャリパーブレーキ
・前50-34T? /後8速
・700×25c

エスプレッソ・アルミS

・アルミフレーム/カーボンフォーク
・キャリパーブレーキ
・前50-34T? /後9速
・700×25c

スプリングボック

アルミフレームのクロスバイク。フレームの写真を見ると、リアディレイラー取り付け台座が分離されていないように見える。もしリアディレイラー取り付け台座が一体型なら、転倒時などにすぐにダメになる非常に高いリスクがある。タイヤはあまり見ないCST C1421(TRAVELLER CITY)装着可能
タイヤサイズは700×28C~700×35Cで、許容総質量(乗員+荷物)は90kgとなっている。純正オプションでは珍しく、低床用シートポスト(NZS720)があり、サドル最小高さを約50mm低くできるというものがある。

・アルミフレーム/クロモリフォーク
・Vブレーキ
・前シマノ・FC-M171 48x38x28T /後8速 CS-HG200-8 12-32T
・CST C1421 700×32c

クロスロード27.5

マウンテンバイクの世界で流行している27.5インチ径のホイールを採用したマウンテンバイク。SR SUNTOURのXCT HLO(油圧式ロックアウト)のフロントフォーク、機械式ディスクブレーキを採用している。タイヤはセミブロックタイヤを採用。ダート・舗装路の両方の走りの軽さを売りにしている。装着可能タイヤサイズは27.5x1.95までで、許容総質量(乗員+荷物)は90kgとなっている。純正オプションでは珍しく、低床用シートポスト(NZS721)があり、サドル最小高さを約70mm低くできるという物がある。

・アルミフレーム/SR SUNTOUR XCT HLO 27.5 100mmトラベルフロントフォーク
・TEKTRO ARIES メカニカルディスクブレーキ
・前シマノ・FC-M131 42x34x24T /後8速 CS-HG200-8 12-32T
・CST C1820 27.5x1.95

パナソニックのエントリースポーツ車に言えることは、個性が無さ過ぎて買う必然性が無いということだ。エスプレッソ・アルミは、頑張って少しお金を出すと、パナソニック・オーダーシステムで選べる楽しさがあるODR6が買える。スプリングボックもクロスロード27.5も特にお買い得ではなく、同じような自転車はたくさんあり、モデルによっては特徴的なグラフィックを採用したモデルもあるなど、個性があるモデルや個性は無いが安価なモデルもある。パナソニックのエントリースポーツ車は特にお買い得ではなく、買う必然性はあまり無い。

特別特集(PR)

Special【PR】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【PR】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【PR】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-クロスバイク・トレッキングバイク, ロードバイク

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.