すべての記事

2015年度はDahon OEMモデルは消えて、代わりにSUV D6がOEMモデルの代わりとなっている

かつては、安価な折りたたみ自転車では一番マシだったのがDAHON OEMモデルだった。他の折りたたみ自転車では、ヒンジ部の作りが悪く、折りたたみで悪戦苦闘したり、前ギアが通常の大径車と同じ物を採用しているので、スピードが遅すぎたり、車体設計が悪いのか、高身長な人には窮屈すぎたり、車体が異様に重い車種(16キロ台は普通)が多いため、必然的にDAHON OEMが注目されていた。DAHON OEMモデルの場合、ヒンジ部分の開閉が簡単で、前ギアは小径車用の大型な物を採用しているため、スピードも普通に出て、高身長な人でも普通に乗れ、車体重量も比較的軽い(ハイテンスチールフレームで14キロ)車体設計なので、安価ながら優秀だった。

そんなDAHON OEMだが、2015年は殆ど見かけない。DAHON OEMを売りにしているモデルの殆どは小型なモデルが殆どで、比較的汎用性が高い20インチモデルは殆ど見ない。その一方で、DAHONインターナショナルモデルで一番安価なSUV D6が多くの店で見るようになった。

SUV D6は各部の質感や2万円台で購入できる等を見ると、実質的にDAHON OEMモデルの代替機となっている。DAHON SUV D6は本家のDAHONよりも各部の質感は低く、各部の開閉レバー等は旧式を採用しているので、高価なDAHONのモデルと比べたら分が悪すぎるが、同価格帯のよく分からないブランドの折りたたみ自転車を購入するのなら、SUV D6にしたほうがいい。因みに、かつて書いたDAHON OEMモデル一覧表の自転車の殆どは実際に購入できない状態になっている。

特別特集

Special【Sponsored】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【Sponsored】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【Sponsored】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-すべての記事

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.