ボトル・ボトルケージ 未分類

1リットルの飲物を入れたり、荷物を収納できる グランジ・ナルゲン用ボトルケージ/モッテコ 1000

1リットル以上の大容量の飲み物を自転車のボトルケージに入れる方法は非常に少ない。その中の1つの方法で、ナルゲンのボトルケージを使用する方法がある。ナルゲンのボトルは有名でAmazonのレビューを見ると、容器の匂いが全く気にならない、無臭、軽くて丈夫なのが特徴のようだ。

因みに、上のナルゲン・広口 1.0L用ボトルの重量は180g。このぐらい大きいボトルだと通常の自転車用ボトルケージに入れることはできないが、グランジには、ナルゲン1.0L用ケージがあるので、自転車に積載することができる。

自転車に飲み物を積載できないのは意外とデメリットが多い。気軽に飲み物の出し入れができないのに加えて、バッグに飲み物を入れると体に負担がかかる。真夏だと、最低2リットル以上(自販機が少ないと思われる地域はプラス1リットル)の飲み物を持っていかないといけないので、このような大容量の飲み物に使用できるボトルケージは貴重だ。また、ボトルケージの大きさを利用して、大きめの輪行袋を入れる人もいるようだ。

また、グランジはモッテコ1000という、ナルゲン1.0リットル用ボトルケージ専用大型収納ボトルがある。容量は1.0リットルで、gurange モッテコ1000を実際に使ってみました。 | 自転車専門店セオサイクルを見るとウィンドブレーカー、アームウォーマー、バンダナを入れるほどの容量があるようだ。

特別特集(PR)

Special【PR】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【PR】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【PR】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-ボトル・ボトルケージ, 未分類

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.