クロスバイク・トレッキングバイク

すぐわかるクロスバイク Schwinn編

アメリカではウォルマート等の量販店で売られているSchwinnと、自転車専門向けのScwinn Signatureの2種類に分けられていて、日本に輸入されているSchwinnは全車Schwinn Signatureモデルとなっている。Schwinn Signatureの現在の立ち位置は、スポーツ自転車を始めるエントリー層向けのモデルとなっていて、比較的安価に購入できる。今回は、Schwinnのクロスバイク「Super Sports」シリーズと、デュアルスポーツモデルの「Seacher」シリーズ、ビーチクルーザーみたいに楽に乗れる「SIERRA」を紹介。

SUPER SPORTSシリーズ

SUPER SPORTS 3 ¥46,000 

・SCHWINN スポーツハイブリッド Nlitened 3 トリプルバテッド アルミフレーム SCHWINN ストレートブレード クロモリフォーク
・Vブレーキ
・前SR SUNTOUR NEX 48/38/28T 後SHIMANO ターニー 7速(11-34T)
・KENDA K-193、700×32C(タイヤ)

32ミリ幅のタイヤを装着し、前サスペンションが無い一般的なクロスバイク。定価で5万円を切るためか、リア変速段数は7速となっている。

SUPER SPORT 2 DISC ¥54,000

・SCHWINN スポーツハイブリッド Nlitened 3 トリプルバテッド アルミフレーム SCHWINN ストレートブレード クロモリフォーク
・TEKTRO アリエス メカニカルディスク
・前SR SUNTOUR NEX 48/38/28T 後SUNRACE 8速(11-32T)
・KENDA K-193、700×32C(タイヤ)

SUPER SPORTS3との大きな違いは、ディスクブレーキ仕様、7速から8速にグレードアップしたこと。SUPER SPORTS2 DISCとSUPER SPORTS3の価格差は税抜き1万円以下なので、シンプルなVブレーキのほうがいい等の理由が無いのなら、個人的にはよっぽどのことがないのなら、SUPER SPORTS 2 DISCがいいと思う。

SEARCHERシリーズ

SEARCHER 4 48,000円

・SCHWINN スポーツハイブリッド Nlitened 3 トリプルバテッド アルミフレーム SR SUNTOUR M3010 サスペンションフォーク、63mmトラベル
・PROMAX Vブレーキ
・前48/38/28T 後SHIMANO ターニー 7速(11-34T)
・SCHWINNスポーツ、700×35C(タイヤ)

サスペンションが付き、タイヤもSUPER SPORTSシリーズより少し太くなったSEARCHERシリーズ。SUPER SPORTSシリーズよりも段差に強い一方、スピードを出すのは向かない。サスペンションはSR SUNTOUR M3010という安価な街乗り用サスペンションを採用している。

SEARCHER 3 53,000円

・SCHWINN スポーツハイブリッド Nlitened 3 トリプルバテッド アルミフレーム SR SUNTOUR NEX サスペンションフォーク、63mmトラベル
・PROMAX Vブレーキ
・前SR SUNTOUR XCC 48/38/28T 後SUNRACE 8速(11-32T)
・INNOVA デュアルスポーツ、700×40C(タイヤ)

SEARCHER 4との違いは、SR SUNTOUR NEXというクロスバイク用サスペンション、リア8速化、タイヤが太くなったという大きな違いがある。税抜きで5000円程度の差なら個人的にはSEARCHER 3を買ったほうがいいと個人的には思う。因みにSEACHER重量は

Bike pathシリーズ

SIERRA 2 36,000円

・SCHWINN コンフォート スチールフレーム、SCHWINN リジッド スチールフォーク
・Vブレーキ
・前SCHWINN アルミ、40T 後ろSHIMANO ターニー、14-34T、7スピード
・SCHWINN コンフォート、26"×1.95"(タイヤ)

クロスバイクというより、前傾姿勢にならないでゆったり乗れるクルーザー。タイヤは太く、前傾姿勢にならないようにするために、ビーチクルーザーみたいなアップライトなハンドルをつけている。タイヤはマウンテンバイク並に太いため完全に安定性重視。前ギアはシングルのため街乗り用と言ってもいい。Electra TownieSpecialized Expedition等のアップライト車系統の自転車とも言える。スチールフレームのためか重量は14キロとあまり軽くなく、車体設計的に考えてスポーツ走行には向かないと思われるが、街乗りでゆったり走りたいなら悪くない選択だと思う。

特別特集

Special【Sponsored】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【Sponsored】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【Sponsored】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-クロスバイク・トレッキングバイク

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.