• まとめ
    シクロライダーの電動アシスト自転車/E-BIKE記事まとめ
  • ジャンル別
    世界初のサスペンション対応設計のグラベルロードバイクフレーム OTSO Waheela
  • ニュース
    ミニベロタイプのE-Bikeや街乗りスポーツサイクルが登場したルイガノ2019年モデル
  • ジャンル別
    日本のE-Bike市場にBoschは新たな一手を出すのか?
  • ジャンル別
    【2018年度版】10万円以下のグラベルロードをまとめてみた
  • ロングタームリポート
    グラベルロードでマウンテンバイクコースを走ることはできるのか?ストック状態での性能を確かめる
  • まとめ
    【自転車漫画】サイクル。まとめ【随時更新】
  • ジャンル別
    10万円台で選ぶ通勤用ロードバイク/グラベルロードをシクロライダー流に解説
  • ジャンル別
    世界1週用自転車もE-Bikeの時代? KOGA E-WORLDTRAVELLER【海外モデル】
  • 未分類
    GIANT Escape RXにグラベルキングSK 32cを導入した感想

ビアンキのクロスバイクで中心的なオートバイになっているカメレオンテシリーズ。2015年モデルでは1~6まで多くのモデルを販売するようだ。1~6まではただグレードが上がっただけでないので注意が必要。タイヤ幅は全車28ミリと細めだが、1・2・3はリアエンド幅135ミリのクロスバイクで通常ではロードバイクの車輪を取り付けることはできない。4~6はリアエンド130ミリでロードバイクの車輪が装着な可能なスピードクロスとなっていて、ギア比も4~6のほうが重めのギア比になっている。また、カメレオンテ4~6は、フレームがアルミ・カーボンの複合フレームでフロントフォークがカーボン製のため取扱は注意が必要な可能性が高い。

CAMALEONTE 1

・CAMALEONTE SPORTアルミフレーム/アルミリジッドフォーク
・TEKTRO RX6 Vブレーキ
・前Shimano FC-M131, 48/38/28T, 170mm-後SHIMANO CS-HG50 8sp,11/30T
・F: JoyTech 751DSE 100mm/R: JoyTech 802DSE 135mm(ハブ) + Jalco DRX 6000 32H(リム)+Vittoria ZAFFIRO 700x28C(タイヤ)

カメレオンテシリーズで一番安いモデル。ハブやブレーキは有名ブランドの物ではない物を採用していてコスト削減しているようだ。できるだけ安くカメレオンテに乗りたい人向けか。ギア比はMTBに近いギア比を採用しているので、坂道ものんびり走ればある程度楽にいけることができる。

CAMALEONTE 2

・CAMALEONTE SPORTアルミフレーム/アルミリジッドフォーク
・Shimano BR-R353 Vブレーキ
・前Shimano FC-M371-L, 9sp,48/36/26T, 170mm-後Shimano CS-HG200-9 9sp 11-32T
・F: Shimano Hb-RM70, 100mm R: Shimano FH-RM70, 135mm(ハブ) + Jalco DRX 6000 32H(リム)+Vittoria ZAFFIRO 700x28C(タイヤ)

カメレオンテ1のブレーキやハブをシマノにアップグレードし、リア9段になったモデル。ギア比はMTBに近いギア比を採用しているので、坂道ものんびり走ればある程度楽にいけることができる。

CAMALEONTE 3

・CAMALEONTE SPORTアルミフレーム/アルミリジッドフォーク
・SHIMANO BL-M355 油圧ディスクブレーキ
・前SHIMANO ALIVIO,48/36/26T -後SHIMANO CS-HG300-9,9sp 11-32T
・F: SHIMANO HB-RM33 100mm/R: SHIMANO FH-RM33 135mm(ハブ) + Jalco PR-300 32H(リム)+Vittoria ZAFFIRO 700X28C(タイヤ)

一部のBianchi Romaシリーズみたいに、ディスクブレーキを装着したモデル。ディスクブレーキはシマノ・BR-M355という油圧ブレーキを採用しているようだ。ギア比はMTBに近いギア比を採用しているので、坂道ものんびり走ればある程度楽にいけることができる。

CAMALEONTE 4

・CAMALEONTE SPORTアルミフレーム、カーボンシートステー/Aprebic Carbonフォーク
・Shimano BR-R353 Vブレーキ
・前Shimano FC-2403、50/39/30T-後Shimano CS-HG50、8sp 12-25T
・F: Shimano CLARIS、100mm R: Shimano CLARIS、130mm(ハブ) + Jalco GX-520(リム)+Continental ULTRA SPORT 700x28C(タイヤ)

ロードバイクの車輪が装着できるカメレオンテシリーズで一番安いモデル。ギア比は前はロードバイク用トリプルクランクにロードバイク用スプロケットを装着していて、このままの状態だと、カメレオンテ1~3よりギア比は比較的重い状態になっている。

CAMALEONTE 5

・CAMALEONTE SPORTアルミフレーム、カーボンシートステー/Aprebic Carbonフォーク
・Shimano BR-R353 Vブレーキ
・前SHIMANO FC-3503 50/39/30T-後SHIMANO CS-HG50,9sp 12/25T
・F: Shimano SORA、100mm R: Shimano SORA、130mm(ハブ) + Jalco GX-520(リム)+Continental ULTRA SPORT 700x28C(タイヤ)

カメレオンテ4はリア8段だったが、リア9段になったのがカメレオンテ5。カメレオンテ5もギア比は前はロードバイク用トリプルクランクにロードバイク用スプロケットを装着していて、このままの状態だと、カメレオンテ1~3よりギア比は比較的重い状態になっている。

CAMALEONTE 6

・CAMALEONTE SPORTアルミフレーム、カーボンシートステー/Aprebic Carbonフォーク
・Shimano BR-R353 Vブレーキ
・前SHIMANO FC-R563 50/39/30T-後SHIMANO CS-4600 10sp,11/25T
・SHIMANO WH-R501(ホイール)+Continental ULTRA SPORT 700x28C(タイヤ)

リア10段になったカメレオンテシリーズのフラッグシップモデル。各部の部品も文句なしの部品が採用されている一方、価格も高価なロードバイクが購入できるほど高価となている。ギア比は前はロードバイク用トリプルクランクにロードバイク用スプロケットを装着していて、このままの状態だと、カメレオンテ1~3よりギア比は比較的重い状態になっている。

未分類の関連記事
  • 今のエントリーロードバイクはどのくらい凄いのか?
  • 自転車解説 2014年モデル ルイガノ LGS-FIVE 29
  • 後ろのギアを大きくすることで、ロードバイクのギア比を簡単に軽くする方法(シマノ編)
  • 5段変速用ボスフリースプロケット一覧表
  • いまどきのエントリーMTBのサスペンションはどれだけ進化したか?(SRサンツアー・XCM編)
  • 5万円以下の格安ロードバイクよりも5万円クラスのエントリーモデルのクロスバイクのほうが良い理由