Cyclorider流クロスバイクのジャンル一覧

膨大にあるクロスバイクの種類をできるだけわかりやすくまとめてみました。

・フラットバーロード

ロードバイクのドロップハンドルをフラットハンドルに変えただけの自転車が、このフラットバーロード。ドロップハンドルに抵抗感があるが、ロードバイクが欲しい人にはぴったりだ。

利点は、ロードバイクの舗装路での超軽快な走りが走りが楽しめること、ブレーキ等をロードバイクの部品を利用しているので、ドロップハンドル化が容易なことだ。

一方で、欠点は、フレームの設計がロードバイクなので、前傾姿勢がキツイ、荷台の取り付けができない自転車が非常に多い。太いタイヤにできない問題がある。汎用性はまったくないので、汎用性を求めると間違いなく失敗する。ロードバイクなのでクロスバイクのまとめに入れるのは微妙だと思うかもしれないが、参考として書いておいた。

・スピードクロス

クロスバイクの中で、舗装路重視にしたモデルがスピードクロスと言われている。クロスバイクの中ではスポーツ性が高く、フラットバーロードとの違いは、フラットバーロードよりも前傾姿勢を緩めた車体設計に、タイヤ幅はロードよりも少し太い28ミリ(成人男性の指1.5本ぐらいの幅)を採用しているのが多い。ブレーキ等をマウンテンバイク用を採用しているため、ドロップハンドル化は少し難しい場合がある。

荷台の取り付けやタイヤ幅を少し太くできる(32ミリまでなら可能なのが多い)ロードバイクよりも汎用性がある。またロードバイク用のホイールが装着できるのも特徴だ。欠点は、スピードクロスはタイヤをさらに太くできない自転車が殆どだ。28ミリというタイヤ幅は、一般ユーザーが公道でストレスを感じないギリギリ扱える細さだが、微妙だと思う人もいると思う。スピードクロスは車体設計的にタイヤを太くできないので、細いタイヤに抵抗感があるのなら、他のクロスバイクを選んだほうがいい。

・クロスバイク

サスペンションが無いフォークを採用し、タイヤ幅はスピードクロスよりも太くてシティサイクル並み(32~38ミリ)のクロスバイクをここではクロスバイクと紹介する。

スピードクロスよりもタイヤ幅が広いだけだが、スピードクロスよりも車体設計的にフレームの隙間が増え、スピードクロスよりもタイヤを太くできる自転車が殆どだ。汎用性とスポーツ性がバランスとれているタイプで、タイヤを細くすればスピードクロスに近くなり、車体も比較的軽く輪行も可能ながら、タイヤを少し太くしたり、泥除けをつけたりして汎用性を上げることもできる。

欠点はホイールの選択肢が少ないこと。リアハブ(車軸部分)がMTB規格で、この手のホイールが少ないということ。ホイールは部品を組み合わせて作ることもできるので、絶対的な問題にならない意見もある。

・デュアルスポーツ

サスペンションがついているクロスバイクの中でも、ある程度のスポーツ性を持たせているクロスバイク。タイヤ幅はシティサイクル並み(32~40ミリ)で、公道の砂利道なら気にしないで走ることができる。

マウンテンバイクとの違いは、タイヤ幅がMTBよりも細いのと、サスペンションの稼働量が少ないこと、前傾姿勢がMTBより緩くなっているのが特徴となっている。

デュアルスポーツの利点は、汎用性がクロスバイクよりも高くて道を選ばないことだ。舗装路ではマウンテンバイクよりも走りが軽く、砂利道ではスピードクロスよりも有利だ。またサスペンションがついているので、段差の衝撃を和らげることもできる。

欠点は、本格的な走りをするのは少しキツイこと。きれいな舗装路ではスピードクロスよりもスピードは出にくく、本格的な悪路ではMTBのほうが有利だ。また、車体重量は13キロ台が多く、スピードクロスやクロスバイクよりも重いため、輪行等の自転車を担ぐ場面では不利。サスペンションの動きも邪魔になる場面があるが、気になる人はサスペンション機能をロックさせるロックアウト機能がついた自転車を購入すればいい。

・トレッキングバイク

日本では非常に馴染みがないが、ドイツ市場で一番売れているスポーツ自転車がこのトレッキングバイクというモデル。

kogatrekking

写真はhttp://www.koga.com/koga/#2から引用

通常のスポーツ自転車よりも、前傾姿勢を取らない車体設計に、荷台や泥除け等を装着した自転車。日本では、トレッキングバイクの市場がないため、トレッキングバイク自体が存在しないが、荷台や泥除けを装着していない、似たような物ならある。サスペンションがついているモデルやついていないモデルもあり、クロスバイクやデュアルスポーツと見分けがつきにくく、トレッキングバイクの本場のドイツ市場のWebページを見ても、クロスバイクやデュアルスポーツに荷台や泥除け、ライトを装着したトレッキングバイクもある。

ここでは、前傾姿勢が緩めでスピードを求めないスポーツ自転車をトレッキングバイクとして定義したい。写真での簡単な見分けとしては、カタログ写真でハンドルがサドルよりも明確に高くなっているクロスバイクの殆どは、トレッキングバイクタイプと思っていい。興味深いことに、スポーツ性が高い自転車ほど、カタログ写真ではハンドルとサドルの高さが水平に、競技用自転車なら、サドルが高い前傾姿勢になっている。

利点は、汎用性が一番高く、前傾姿勢を取らないため一般ユーザーでも扱いやすいこと。欠点はスポーツ性を求めていない車体設計なので、ロードバイクやスピードクロスみたいにスピードを出すのを求めている自転車とは言えないことだろう。

上に行けば行くほど、高速性能寄りで、下に行くほど低速性能寄りとなっている。そして、下に行くほど、汎用性が広がり、上に行くほど汎用性は下がる。そして、覚えておくべきなのは、汎用性は下げることはいくらでもできるが、上げることは簡単にはできないということだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする