BD-1で行く北海道旅 1日目

東京から北海道まで行く道のりは、飛行機や鉄道、高速バスなど、たくさんあるが、今回は鉄道を使用することにした。普通なら新幹線や特急を使用したり、寝台列車の北斗星を使うところを、今回は上野から青森までは寝台特急あおもりで、青森から札幌までは寝台急行はまなすでいくことにした。

東京駅には何度も行ったことがあるが、上野駅は1回しか行ったことがないので、上野駅をまじまじと見ていた。

石川啄木の短歌を発見。

時間がまだあったので、飲み物や食べ物を購入することに。寝台特急あけぼのは、午前10時ぐらいに、青森駅に到着するが、車内販売がないので、事前に購入しないといけない。

今回の宿はゴロンとシート。乗車券と特急券のみで乗れるのが特徴。

そのうち、あけぼのが入線。

ゴロンとシートの隣にあるA寝台の荷物スペースを使用することに。ちなみに隣の自転車は、自分の向かい側の席の人のモノ。マンガのような話だが本当の話。隣の人も北海道に行くらしく、いろんな話をした。

ちなみに寝台の中はこんな感じ。読書灯は通路側にある。

スポンサーリンク