安い自転車はどこが壊れる? シティサイクル編

物は基本的には絶対壊れるけど、自転車にかぎらず安いものはコストがかからないので、壊れやすいのが多い。そこで安い自転車(シティサイクル)はどこが壊れやすいのか調べてみた。

自転車通学をする場合、春休みの間に自転車の点検をするようになっている高校は多くて、ちゃんと点検し...

タイヤサイドがめくれているというとんでもない状況。安物のパンクしにくいタイヤて売っている類のものらしく、1年ほどで駄目になったとのこと。こんなの初めて見た。

クランクのペダル取り付け部分が切れているとのこと。この自転車はBAAマークが貼ってあるらしいが、BAAの存在に疑問を持ってしまう。

いよいよ新学期もスタートします。通学自転車の準備は万全でしょうか~?3月は拙ブログのアクセス数が...

2年でスポークに錆がでたり、スポーク折れが多発した車輪。自転車はアルベルトファインで、量販店の安価なアルベルトで有名なモデル。量販店用アルベルトは、車輪がアルミリムで出来ているので、カタログモデルのアルベルトよりもヤワなのは有名だけど、スポークも錆びやすい物になっているらしい。2万円以下のママチャリの車輪もこんな感じだと思えばいい。

スポンサーリンク