リアエンド135ミリのクロスバイクは内装変速機化が可能かもしれない

多くのクロスバイクのリアエンド幅は、130ミリと135ミリの2種類がある。130ミリの場合は、ロードバイク用の車輪が装着できるが、135ミリの場合はロードバイク用のホイールはリアエンド幅が合わないので、通常の使い方では装着できない。

世界的に多くのクロスバイクでは、リアエンド幅135ミリが主流になっている。ロードバイクのホイールを使えないので、スピードを出す人にとっては欠点な一方、内装変速機を取り付けることができるようだ。

一癖創作自転車家 狸サイクル 杉並・阿佐ヶ谷・浜田山・荻窪・五日市街道 |内装ギアって・・・、そういうことだったのねえ・・・。女性の救世主・・・かな?

リアエンド幅135ミリのクロスバイクにシマノ・アルフィーネ8速を装着、前ギアを残したらしい。停止しても変速でき、細かな調整が少なくてすむ内装変速機は、よく考えたらツーリング用自転車に使えるはずだけど、輪行やギア比等が気になるので躊躇する人もいると思うけど、シティサイクルの内装変速機よりも遥かに簡単に車輪を着脱できるらしいので、輪行は比較的簡単にできるし、前2段のギアを装着できれば、峠越えもできるかもしれない。

リアエンド幅135ミリのクロスバイクなら、新しく自転車を買わなくても、内装変速機を装着できる可能性は、あまり知られていないが、自転車を購入するよりも安価に内装変速機を搭載できるのなら、スポーツサイクル用内装変速機を装着するユーザーは増えると思う。

スポンサーリンク