峠の下りでも楽に下れるロードバイクを考える

峠の下りを自転車で走るのは非常に面白く、自分が峠を走る決定的な理由になっている。ただ、この峠の下りは、普通のドロップハンドルのロードバイクは非常に楽しくない。自分もドロップハンドルのシクロクロス・ロードバイクを走らせていた時、一発人にとって本当にドロップハンドルは崇拝するべきハンドルなのか?と疑問を持っていた。

自分がドロップハンドルの自転車で、下りを楽しく走る自転車にした対策は主に3つある

一つ目は補助ブレーキレバーを装着すること。初心者くさいと言われるあの補助ブレーキレバーは、意外と下り坂で効果があり、自分も頻繁に使っていた。

二つ目は、ブルホーンハンドルにすること。テコの原理的に考えて、フラットハンドルのブレーキレバーと同じような感じになるので、ブレーキが握りやすくなる。また、ハンドル位置も若干手前に来るので、アップライトな姿勢になる。

三つ目は部品を交換すること。ブレーキ本体、ブレーキシューを交換したり、タイヤを良い物に交換する。良いタイヤだと路面の振動をある程度抑えるし、タイヤを太くすれば、路面の振動や荒れた道のグリップ力の対策にも効果がある。

これぐらいやればさすがに効果があると思う。ただ自分はひと通りやってみたが、正直言って焼け石に水程度だった。個人的にはドロップハンドルのロードバイクは少し離れてみるつもりだ。

スポンサーリンク