楽に走れるペダリング「土踏まずペダリング」のまとめ

フラットペダルがビンディングペダルよりも勝っている部分の一つに、足の位置をずらすことができるのがあると思う。平地や上り坂で踏む位置をずらして、使う筋肉を変えることで負担を減らすことができるようだ。

これ以外にも、フラットペダルでできるペダリングに「土踏まずペダリング」というのがある。これは、とあるブログで紹介されていたペダリング方法で、通常のペダリングよりもアップライトでトルクを出せるペダリングらしい。

1.サドルは今までより20mm以上下げる。
2.ハンドル高さは今までより20mmほど上げる。
3.ハンドル高さを同じにしたい場合は、ステムの突出しを15mmほど短くする。

土踏まずペダリングのポジショニング – 妻苦輪愚狂会 – Yahoo!ブログから。

ペダリングの方法は、今までのペダリングみたいにペダルを真下に踏み込むのではなく、斜め前方に踏み込むのが特徴とのこと。通常のペダリングだと、反力で腰が真上に動くため、前傾姿勢を取り腰を固定する一方、土踏まずペダリングだと、腰が斜め後方に動くので、前傾姿勢を取らなくてもそれなりに走ることができる…というらしい。

ただ、高回転でペダルを回すのが難しいらしく、スピードを出さずに楽に走るのに向いているとのこと。フラットペダルなら簡単にできるので、1回試してみようと思う。

参考URL

常識は正しいか①(ペダリング) – 妻苦輪愚狂会 – Yahoo!ブログ

前傾せずにハイパワーを出す方法 – 妻苦輪愚狂会 – Yahoo!ブログ

土踏まずペダリングのポジショニング – 妻苦輪愚狂会 – Yahoo!ブログ

やっぱり土踏まずペダリングだ! – 妻苦輪愚狂会 – Yahoo!ブログ

スポンサーリンク