スチールフレームの安価なツーリングロードバイク ARAYA DIA(DIAGONALE)

Raleighの商標を借りてRaleighブランドの自転車を販売しているARAYAは、ARAYAブランドの自転車も販売している。昔のARAYAは、トライアル自転車の「MuddyFox Multitrail 舞」という自転車を中心に販売していたが、今は低価格のスポーツ自転車や、古典的な高価格モデルを販売している。DIANGONALEは、ARAYAの中で比較的安価なモデルのツーリング用ロードバイクで、税抜き価格65,000円と安価なのを売りにしている。

フレームはクロモリ、フロントフォークはハイテン・ユニクラウンを採用している。泥除けを装着するための台座は標準装備していて、写真では見えないけど、リアシートステイの内側に、サドルバッグを装着するなのか小型の荷台を装着するための台座を装備している。フレームサイズはコスト削減のためか2種類しかない。

ブレーキはシマノ・BR-R451のロングアーチブレーキを採用している。通常の競技用ロードバイクに装着されているショートアーチブレーキとは互換性が無いので注意が必要。

ギア比は前50/34T、後ろは11-32Tの8段を採用している。後ろのギアはマウンテンバイク並みの大きいが、普通の脚力の人が峠越えを何本もやるには少しツライギア比だと思う。

車輪径/タイヤ幅は、700×28cとスピードクロス並みのタイヤ幅で、普通の人が使うにはギリギリ許容範囲内だと思う。

部品構成で特徴があるのは2つあり、1つ目は泥除け。この価格で珍しく標準装備されていて、その泥除けも輪行しやすくするために分割式になっている。2つ目はダウンチューブに取り付けられたシフトレバー。シンプルなのが特徴だけど、手を離して変速するので、普通の人には使いにくいと思う。ただ、今はハンドルやステムに装着できるシフトレバー台座があるので、気になるのならそれらの部品を使えば良いと思う。補助ブレーキレバーを標準装備しているので、市街地を走るのも安心だと思う。

ARAYAのDIAGONALEは、レース用のロードバイクというよりは、サイクリングに使うドロップハンドルの自転車だ。価格もそれほど高くないので、比較的お買い得だと思う。

スポンサーリンク