スポーツ自転車用内装変速機「Shimano ALFINE」で輪行はできるのか?

個人的に内装変速機は、使い勝手が悪いので嫌いだったりする。外装変速機とくらべてメンテナンスが少なく、停車中でも変速できるのは良いけど、シティサイクル用の内装変速機は簡単に車輪の着脱ができないのが困る所だ。

買い物自転車 後輪のタイヤ交換 【TAKAよろず研究所】

パンク修理やタイヤ交換、輪行時に車輪の着脱は重要だ。我が家にはかつて、内装3段変速のシティサイクルがあったけど、車輪着脱が非常にややこしいので、シティサイクルが壊れた時、シティサイクルを買わないで、かご付き街乗りスポーツ自転車になった経緯がある。

ただ、内装変速機も進化しているようだ。シマノのスポーツ自転車用内装変速機「Alfine」シリーズは、スポーツ自転車用の内装変速機をウリにしていて、従来の街乗り自転車用変速機のNexusシリーズよりも、ダイレクトな走りができるとのことだ。自分もサイクルモードでAlfine搭載の自転車に乗ったけど、内装変速機でも長距離サイクリングできる可能性があると思った。

ここまでなら、その辺のつまらない自転車メディアと同じことを言っているようなもの。自分がAlfineで一番気になったのは

車輪の着脱が簡単にできるのか

ということ。

殆どのメディアでは、Alfineは素晴らしいと言っているだけで、車輪の着脱は簡単にできるのか?と書いているメディアはGoogleで検索した限り見たことがない。輪行できるかできないかは非常に重要で、輪行できれば行動範囲や行動時間が一気に広がる。輪行をする人にとって、その辺のことを書かないのは非常に疑問だろう。

Alfineの車輪の着脱は、スポーツ自転車では一般的なクイックリリースタイプではなく、ナット式を採用しているとのこと。ただ、シティサイクルみたいに複雑ではなくて、工具があれば簡単に車輪を外せるようだ。

131092902166213123746_IMG_7263

写真はhttp://kengogo.at.webry.info/201107/article_7.htmlから引用。これだけ簡単に外せるなら工具があっても問題ない。気になるのはハブ(車軸部分)にワイヤーがつながっていること。これは簡単に外せるようで説明書を見て覚えれば大丈夫だと思う。

参考URL(Shimano Alfine シフトレバー、変速用ケーブルの取付け方法の説明書)

内装変速機で輪行ができるのなら、公道でのサイクリングは内装変速機のほうが有利な場面が多いと思う。あとはAlfineのギア比はどのくらい変化できるのかがわかれば、将来的には試してみたい。

スポンサーリンク