進化したドロップハンドルの補助ブレーキレバー Dixna ジェイクルー

ドロップハンドルの利点として、ハンドル位置が沢山あるので、自由なポジションを手に入れることができると言われている。しかし、ブレーキレバーをかけることができない部分は、公道で走るのは危険なため、実質的にワンポジションしかない。

実質的にドロップハンドル車で、ハンドル位置を増やすには補助ブレーキレバーを装着する方法がある。自分は補助ブレーキレバーに非常にお世話になっていて、ドロップハンドル車は全車に補助ブレーキレバーを装着していた。

そんな補助ブレーキレバーも、多くの補助ブレーキレバーは、フラット部ではブレーキはかけられる一方、ショルダー部はブレーキがかけられない欠点があった。

そんな問題を解決するためか、Dixnaからジェイクルーという補助ブレーキレバーが販売されている。この補助ブレーキレバーは、通常の補助ブレーキレバーではブレーキがかけられなかったショルダー部分でもブレーキをかけることができるとのことだ。

自分はメイン車種はドロップハンドル車ではなくなっているけど(今所有しているドロップハンドル車はセカンドバイク)真っ先に資金を投入するメイン車種なら、この補助ブレーキレバーは真っ先に買っていると思う。欠点と言えばジェイクルーは他の補助ブレーキレバーより値段が高いことか。

スポンサーリンク