自転車用屋外カバーの選び方

自転車は屋外で保管するようには出来ていないと思う。各部の部品がむき出しになっている自転車は簡単に雨が入りやすく、多くの自転車の車体や部品は、比較的錆びやすい。

自転車の保管で理想なのは屋内保管だが、複数台所有したり、屋内スペースがない場合は屋外保管しかない。屋外保管する場合は、雨ざらしで保管するとすぐに駄目になるので、自転車カバーが欲しいところだが、あまり良くない自転車カバーもある。

基本的にサイズが小さいのはあまり良くない。一部の自転車カバーにはハーフカバーがあるけど、個人的には使いたくない。小さいサイズの自転車カバーだと、どうしても雨に当たるようになるため。カバーされる部分が大きい。また素早く自転車にカバーをかける場合、大きいほど楽に覆うことができる。

100円ショップの自転車用カバーは薄すぎるのですぐに駄目になる。600円程度で売られている、塩ビタイプの自転車用のカバーは、ゴワゴワしていてかぶせるのが面倒なので、あまりお勧めしない。個人的には1000円ぐらいの自転車カバーを使うのがいいと思う。

意外と使えるのはオートバイ用カバー。オートバイ用のカバーは、サイズがいろいろうるが、大きいのは自転車が完全に覆うため、雨にぬらしたくない場合は、これを使うのがいいと思う。

一戸建てなど、自宅にある程度の自分用の屋外スペースがある人はまだ良いが、マンション等、共用スペースしかない場合は、カバーをどこに置いておくのかを考えないといけない。置く場所がなければ、しまうことができる高価な自転車カバーを買うしかなくなる。

自転車を痛めにくくし、車種が特定できないので盗難抑止効果も期待できる自転車カバー。使っていくにつれて紫外線の影響でボロボロになってしまうが、お金を捨てたくない人は、自転車には自転車カバーをかけたほうがいいと思う。

スポンサーリンク