小柄な人向けのロードバイク用クランク DIXNA La・Crank

フレームサイズが小さいスポーツ自転車の問題でクランクの問題があると言われている

ちょっとデータが古いが、1992年の成人の平均身長は下記の通り。

成人男性:171.9cm
成人女性:158.7cm

よく言われている目安:クランク長=身長÷10とすると

成人男性:170mm
成人女性:160mm

となる。
この”クランク長=身長÷10”説は平均値ではなく、最大値である。
したがって、平均身長から導き出した適正クランク長さは、

成人男性:170mm以下
成人女性:160mm以下

となる。

したがって、”身長138cmのライダーでも最適なポジションは可能”と言いながら、クランク長さが165mmというのはだれが考えても不適切であり、こういう設計を平気でやっているメーカーは恥かしくないのだろうか。この自転車の定価は12万5千円。
この自転車を買ったユーザーはこういうものだと思ってしまう。
「売れれば何でもいい、そのうち慣れるだろう。」というメーカー側の甘い考えが見え隠れする。

クランク長さ・平均身長から考える – 妻苦輪愚狂会 – Yahoo!ブログから引用。

この記事を読んで、小柄な人や女性用スポーツ自転車を見てみたら、殆どの自転車は一番短いクランクは165ミリと小柄な人にあったクランクは殆ど無いようだ。例えば、ブリヂストン・アンカーのRFA5W EXは、一番小さいサイズは145cmの人が乗れると書いてあるが、クランク長は165ミリ。大雑把に考えると身長180cmの自分が、200ミリのクランクを回すような物で、経験的に自分だったら間違いなく回せないと思う。このような自転車はブリヂストン・アンカーだけでなく、すべての自転車に当てはまるのが実態のようだ。

そんな小柄な人向けのクランクに「DIXNA ラ・クランク」というのを発見。このクランクの利点の1つは、他社が作っていない短いクランクが存在するということ。ラ・クランクのクランク長は、140・145・150・155・160mmと、小柄な人に丁度いいクランク長が揃っている。ロードバイク用の2段しかないので、ギア比が問題があるけど、今は後ろのスプロケットがマウンテンバイク並みに大きいのがあるので、それらを使えば多分大丈夫だと思う。身長165cm以下の人がロードバイクに乗るのなら、覚えておいて損はないと思う。

スポンサーリンク