JRで車輪やキャスターを使った転がし輪行はできなくなった

自転車の車輪やキャスターを使って簡単に輪行する方法は、自分でもやってみたいと思ったが、どうやらJRではできなくなったようだ。

ご注意!JRでブロンプトンの転がし輪行はできません キウイハズバンド/ウェブリブログ

上の記事を読むと、JR各社が輪行について厳格化し、今まで黙認してきた、タイオガ・コクーン等の前輪取り外し式輪行袋や、ゴミ袋式輪行袋は輪行できなくなった。また、自転車の一部が露出している場合は、完全に収納している状態ではないので、車輪やキャスターを使った「転がし輪行」はできなくなったとのこと。

これは、BD-1やDAHON、Brompton等の折りたたみ自転車だけでなく、加茂屋のポーター等の大径車輪自転車でも、転がし輪行ができなくなるということになる。

今のところ仮に黙認されても、問題が出ていてこのようになっているので、転がし輪行ができないと思ったほうがいいと思う。転がし輪行ができないのなら、自作キャスターやキャリーカート等を使って輪行するしかない。最初、加茂屋のポーターを見て、いつかは購入しようと思ったけど、転がし輪行ができないことを知ったので、少なくとも加茂屋のポーターはやめておくことにした。

スポンサーリンク