GIANT・Escape RX4のハンドルをプロムナードバーに交換する

Escape RX4のハンドルで気になるのは、手首の違和感を少しでも和らげるための角度が殆どついていないこと。

2014-01-25 13.41.08

右はMTB用のハンドル(恐らくGIANT・Rock5000)で、左がGIANT・Escape RX4のハンドル。初めて乗ったスポーツ自転車のフラットハンドルは、右のようなは、手首の違和感を少しでも和らげるための角度がついていて、さらにドロップハンドルなどに慣れてしまったため、街乗りでも殆ど角度がついていないEscape RX4のハンドルに違和感を持った。

フラットハンドルで長距離を走った場合、問題になるのは手首の痛みだと思う。最初はバーエンドバーを購入しようと思ったけど、今までの経験から考えると、フラットハンドルで走行中の8割ほどは、バーエンドバーを握らないので、今回は手首のストレスをできるだけ無くすため、手首が楽になるハンドルを選ぶことにした。

今回購入したのは、GIZA PRODUCTS NR-AL217BT プロムナードバー ローライズというハンドル。本当はTITECのH-BARが欲しかったが、売っていないため安いGIZAのハンドルで試してみた。

2014-01-21 12.52.24

プロムナードハンドルと言えば、スポーツ自転車用でも、通常のハンドルとくらべるとアップ気味で、アップライトな姿勢になるのが多いけど、このハンドルは、フラットハンドルをプロムナード風に曲げた感じになっている。

2014-01-25 11.19.58

実際に装着するとこんな感じ。、手首は楽な一方、上り坂等でハンドルを引きつけるのが難しいので、ハンドル中央部にSefasのスタビライザー(中古)を装着。

とりあえずこの状態で行く予定。今のところ峠3本や200キロ等の長距離はまだやっていないので、どんな感じになのかはまだわからない。

スポンサーリンク