1日300キロ走れる3万円ロードバイクの作り方

世の中ではスポーツ自転車を買う予算は、最低10万円~20万円は必要だと言っている。しかし、自分の考えでは、この最低予算は一種の伝言ゲームみたいな物で、薄い内容や古い時代の話が伝えてられているものだと思っている。

それなら3万円ロードバイクはどうだろうか?世の中ではロードバイクは最低15万円出すべきという風潮になっているが、3万円ロードバイクは駄目だろうか?3万円ロードバイクで1日300キロ走れるか?

結論から言うと3万円ロードバイクで1日300キロは走れる。

IMG_0084

左の自転車は杉村商店 Progressive RRX-110。 2007~8年当時は4万円のロードバイクだった。今ならArt cycle studioの3万円ロードバイクと同レベルのロードバイクで、オーナーはこれで東京~三国峠~新潟1日300キロを走っている。

今回は、空想で書いているその辺のサイトや雑誌や本とは違い、実践で培ったの意見を公開します。

・車体について

安い自転車ほど目利きは必要で、特に有名ブランドが参入していない激安ロードバイク、クロスバイクは玉石混交の世界となっている。安い自転車ほど車種選択は非常に重要で、特にロードバイクブームで、怪しい輸入商社が参入している現在、3万円ロードバイクの90パーセント以上は元祖3万円ロードバイク「リターンオフ」以下のロードバイクが沢山ある。

1日300キロ走れる3万円ロードバイクを作るなら、今のところ(2014年1月24日現在)はART CYCLE STUDIO S400・A400しかない。車体や部品の作りが杉村商店のProgressive RRX-110と同レベル(部品によってはそれ以上か?)な3万円ロードバイクはこれしかないためだ。3万円ロードバイクを自分の金で買うならこれしかないと思っているし、正直言って他の3万円ロードバイクはお金を出したくない。

気をつけるのは、安い自転車は有名ブランドの自転車では起こらないことが起こるということ。Progressive RRX-110は、最初はなかなか良い自転車に見えたが、スポークの錆、車軸部分の色落ち、いくら調整してもガタガタになるハブ、ヘッドパーツの錆が発生した。そのため最終的に車輪を交換している。有名ブランドの自転車は、無名品の激安スポーツ自転車よりは高いがそれなりの理由はあるので、予算に余裕があるのなら迷わずそっちを選んだほうがいいのは言うまでもない。

・自転車は半完成品で車体だけでは終わらない

自転車で長距離を走る場合、自転車だけ購入しても意味が無い。基本的に自転車は半完成品で、そのままの状態で長距離を走るのは非常に難しい。長距離を走る殆どの自転車は何かしらの改造をしているのが普通だと思う。自分がそれなりに走って思ったのは、長距離を走る自転車に必要なのは、部品のスペックやグレードではなく、自分の脚力に合ったギア比・長時間走っても疲れない姿勢・自分に合ったサドル・耐久性がありグリップするタイヤ・ よく効くブレーキ・回転部の耐久性がはるかに重要だと思った。3万円ロードバイクで問題になるのは、ギア比と姿勢だと思う。近年のロードバイクは前のギアが2枚しかないのが殆どで、前ギアの変更で軽いギアを容易に変更できない。後ろのギア(スプロケット)を交換してギア比を軽くする技は安価でできる一方、リア7段までの自転車はスプロケットの種類が無く安価でできない。また3万円ロードバイクは、車体サイズが少なく、人によっては選択できる物がない場合がある。

Progressive RRX-110で行った改造は、前ギアの交換(シマノ・ALIVIO)、ブルホーンバー化、ステム交換、BB分解・改造、車輪交換、サドル交換をしている。総額で最低は3万円以上はかかっている。自転車を買えば終わりというわけでない。

・参考になるかもしれない改造箇所

前ギアの交換

ロードバイク用のコンパクトクランク(50-34T)では、余裕が無いため、MTB用トリプルクランク(42-32-22T)に交換。前ギアの枚数を変えるのには、クランクの他に、ボトムブラケット、前変速機、シフトレバーの交換が必要だが、機械弄りが得意なオーナーはBB分解・改造で、クランクのみの交換で可能にさせた。

ブルホーンバー化

ドロップハンドルの下を握らないので、ドロップハンドルをカットしてブルホーンバーに変更。

車輪交換

最初についていた車輪がひどかったので、最終的にはシマノ・WH-R500に交換している。

サドル交換

極端な前傾姿勢を取らないので、厚めのMTB用サドルに交換。

タイヤ

耐久性重視でパナレーサーのパセラ・ブラックスを採用していたが、柔くてグリップし、厚みが比較的あるパナレーサーのツアラープラスが気に入ったので、今後はそちらを使うらしい。

スポンサーリンク