自転車解説 Fuji Roubaix Aura

ロードバイクのFuji RoubaixをフラットハンドルにしたFuji Roubaix Aura。ジャンルはフラットバーロードなので、汎用性があるスピードクロスやクロスバイク、デュアルスポーツ、トレッキングバイクより遥かに汎用性が無い自転車だ。これを理解しないで購入すると大失敗する確率が非常に高いので気をつけよう。

フレーム/フロントフォークは、Fuji A2-SL custom-butted alloyというアルミフレームと、FC-770 carbonというカーボンフォークを採用している。フレーム設計は競技用ロードバイクの設計のため、荷台・泥除け取り付け台座が装着されていない。

ブレーキはロードバイク用のデュアルピボットキャリパーブレーキを採用している。ブレーキサイズは不明だが、写真から見る限りだと通常のサイズだと思われるので、28ミリ等の少し太いタイヤは装着できない可能性が高い。ロードバイク用のブレーキを採用しているため、比較論簡単にドロップハンドルに変更できる。

変速機/ギア比は、50-34Tの前2段・11-28Tの後ろ8段のロードバイク用ギアを採用。1対1以下の低いギア比が無いので、このままだと一般ユーザーにとっては重いギア比で、峠越えは難しい。

車輪径/タイヤ幅は700x23Cを採用している。通常のロードバイク用のタイヤサイズを採用している。部品構成は普通といった所だ。

基本的に荷台や本格的な泥除けが装着できないので汎用性が低い。実質的にロードバイクで、フラットハンドルのロードバイクが欲しいのなら悪くない。

スポンサーリンク