自転車比較論 Miyata ALFREX Cross/Merida Crossway Breeze

Miyataが新しく低価格スポーツ自転車のALFREXシリーズを登場させた。アルフレックスシリーズは、ミヤタが代理店をしているメリダの低価格モデルと完全にバッティングしている。そこで、アルフレックスクロスとクロスウェイを比較してみた。

・フレーム/フロントフォーク

両方共アルミフレームで、スチールのリジットフォークがついている。フレームにはディスクブレーキ台座がある。車体重量はアルフレックスのほうが1キロ重く、フレームサイズもアルフレックスのほうが少ない。

・ブレーキ

Vブレーキを採用している

・変速機/ギア比

前3段、後ろ7段のマウンテンバイク用ギアを採用している。前三段あるので軽いギアを選ぶことができる。

・車輪径/タイヤ幅

700✕32cを採用。メリダのクロスウェイのほうが、凝ったホイールを採用している。

・部品構成

部品構成はほぼ変わらない。メリダのクロスウェイのほうが車体サイズが豊富が豊富なので、買うのならクロスウェイの方がいい。

メリダのCrosswayは自転車専門店向け、ミヤタのALFREXは量販店向けと分かれている。メリダよりもミヤタのほうが取り扱い店が多いので、アルフレックスクロスのほうが、多くの店で購入できる。

スポンサーリンク