自転車解説 武田産業 TOPRUN アルミクロスバイク CRM-TR7021AL

かつては、3万円以下の激安スポーツ自転車といえばMTBルック車しかなかったが、自転車ブームの影響でMTBルック車だけでなく、色々な激安スポーツ自転車が登場している。武田産業のTOP RUNというブランドは、流行りのスピードクロスの激安クロスバイクを登場させている。

・フレーム/フロントフォーク

フレームはアルミでフロントフォークは恐らくスチール。激安スポーツ自転車にしては凝った形状をしているアルミフレームだが、価格が安いため軽量化はできなかったためか、重量はサスペンションが無いモデルなのに13.5キロと重い。この手のモデルだと重くても12キロ台が普通だ。価格が安いためフレームサイズは1つしかなく、身長170cm以上向けの自転車に感じた。

・ブレーキ

前後Vブレーキを採用している。比較的よく効くブレーキだろう。

・変速機/ギア比

前3段・後ろ7段と斜度がある道でも、ギアをさげてのんびり走ればOKだろう。

・車輪径/タイヤ幅

700×28Cと比較的細めのタイヤを装着している。普通の人が扱えるぎりぎりの細さだと思う。車輪は流行のロードバイクみたいなリムが高いディープリムを採用している。

・部品構成

車輪が簡単に着脱可能なクイックリリースを採用し、ボトムブラケットはカセット式を採用している。某ホームセンターでは26,800円で売られていて、MTBルック車を買うのなら、こっちを買ったほうが、輪行等の本格的なスポーツ自転車ライフの触りを体験できるだろう。ネットでは3万円前半で売られているが、もう少し足せば、サイズが豊富なプレシジョンスポーツやアンタレス・クロスバイク等があるので、特に買う必然性は無くなる。

スポンサーリンク