2014年度版 注目の5~6万円台のクロスバイク(スピードクロス編)

値上げが多いスポーツ自転車だが、それでもお買い得感があるスポーツ自転車はある。今回はクロスバイクの中でも、スピードを出しやすいスピードクロスに注目した。価格は税抜き価格を表示しています。

GIANT Escape RX4 ¥59,000

Escape RXシリーズで一番安いモデル。かつてはレーシングバイクに使われていたフレーム素材「ALUXX-SL」を採用しているのがウリで、この価格帯では非常に貴重。

GIANT Escape R3 ¥52,000

定番モデルで有名なクロスバイク。現在はEscape AirやEscape RXが主流で、安価なR3のみのラインナップ。サスペンションシートポストやコンフォートグリップを採用していて、Escape Rシリーズの中では一番コンフォート寄りの部品構成。変速機関連はSRAMを採用。

GIANT Escape Air ¥66,000

Escape Rシリーズの中では超軽量仕様。6万円台のクロスバイクの中で車体重量は10キロを切っていて、持ち上げると感動するほど軽い

Khodaa-Bloom Rail 700A ¥47,600

税抜き価格5万円を切りながら、他ブランドの多くの5万円台クロスバイクと変わらないフレームデザイン、部品構成を採用。GIANTよりも費用対効果が

Khodaa-Bloom Rail 700 ¥57,000

Escape Airシリーズの唯一の対抗車。6万円以下で10キロ以下とEscape Airよりも安価ながら、Escape Airに引けをとらない超軽量クロスバイクになっている。

Riteway Shepard City 49,800

GIANTのEscapeシリーズやKhodaa-BloomのRailシリーズがフレーム重視ならシェファードシティは部品重視のクロスバイク。ボトムブラケットや車軸部分(ハブ)、ブレーキなど見えにくい部品もシマノを採用している。

Gios Mistral ¥47,500

シェファードシティと同じく部品重視のクロスバイク。この価格帯では採用されることはないシマノ・WH-R501を採用。部品単体では前後セットで1万円以上するホイールだ。

5~6万円台のスピードクロスバイクで頭1つ抜け出ているのがこの7台。フレーム重視にするか部品重視にするかは好みで。

スポンサーリンク