普通の人でも楽しめる公道用ロードバイクを作るパーツの3点セット

重いギア比、キツイ前傾姿勢、握る位置が実質的に1箇所しかないドロップハンドルの欠点があるロードバイク。ただ、こういう欠点も部品交換でできる場合が多い。今回は普通の人でも楽しめる公道用ロードバイクを作るパーツの3点セットを紹介。

・大型リアスプロケット

多くのロードバイクのギアは前が2段の物が殆どになっている。現在のロードバイクのギア比は軽いギアで主流のコンパクトクランクでも一般ユーザーにとっては重いギア比だ。一般ユーザーにとっては前ギアが3枚装着されているロードバイクのほうが良いが、殆どの会社は前ギアが3枚のロードバイクは殆ど見なくなっている。前ギアを2枚から3枚にするには、クランク交換等の多額の費用がかかるため、簡単にはできない。

一番簡単にロードバイクのギア比を下げて乗りやすくする方法は、後ろギア(スプロケット)を大きい物にすることだ。今ではマウンテンバイクみたいなロードバイク用の大きいスプロケットが売られていて、比較的安価にギア比を下げることが可能だ。このスプロケット交換はシマノの場合、8・9・10・11速に対応しているが、7段以下のスプロケットにはロードバイク用の後ろギアはないので注意が必要。

・補助ブレーキレバー

ドロップハンドルは手を持つ所が沢山あると言われているが、通常の一般公道での使用では、下ハンドルはよっぽどの急坂しか持たず、フラット部分はブレーキレバーが無いので咄嗟の時に止まることができず、実質的にブレーキレバーのブラケットしか握れない。補助ブレーキレバーをつけると、フラット部分にブレーキレバーがつくので、実用的な持ち手が増えるので、公道を走るのには是非欲しい。

・可変ステム

前傾姿勢を弱めるアイテムとして、角度調整ができるステムを使いハンドル高を上げて、前傾姿勢を緩くする方法がある。ステムハイライザー等、ハンドル高を上げて前傾姿勢を緩める商品はあるけど、細かい調整が可能で、色々な姿勢を試すことができる可変ステムが一番使えると思う。

スポンサーリンク