SJクロスの復活でボッタクリバイクに退化 自転車解説 サイクルベースあさひ ディアリオ700C

サイクルベースあさひのかご付き街乗り用クロスバイクで有名なディアリオ。値上げ傾向のの世の中でディアリオも値上げし、3万円以下になりお買い得感は少なくなった。そしてミヤタがSJクロス27を復活させ、ディアリオと同じ価格でディアリオよりも良い装備がついたため、ディアリオの存在価値は無くなった。

・フレーム/フロントフォーク

フレームとフロントフォークは鉄で、サイズは1種類しかない。

・ブレーキ

前後ブレーキはシティサイクル用のデュアルピボットキャリパーブレーキを採用。Vブレーキよりも制動力は低いが音鳴りはしにくい。

・変速機/ギア比

外装7段変速と、街乗り用のギアだ。

・車輪径/タイヤ幅

700×35cと、シティサイクル並の太さのタイヤを装着している。

・部品構成

3万円近くする自転車としてはお買い得感は無い。しかも、ミヤタのSJクロスタフが、Diarioとほぼ同じ価格で、Diarioに標準装備されているLEDオートライトよりも明るい「ウルトラレーザービーム」という明るいオートライトに、サークル錠と3年間盗難補償が付いていて、遥かにお買い得だ。ディアリオの存在価値は無く、買う必然性は無い。

スポンサーリンク