TREK Yフレームの出来損ないのような幼稚なデザイン LEXUS NXB CONCEPT

LEXUSの自転車と言えば、100万円のロードバイクがあったが、今度は東京モーターショーでLEXUSがNXBコンセプトという自転車を登場させたらしい。

デザイナーはTREKのY-FOIL、ロータスバイクを知っているようだが、NXBコンセプトで真っ先に思い浮かんだのは、TREKのYシリーズのMTBだ。どうやら、レクサスのデザイナーやライターはTREKのヒストリー内でも登場している1995年当時、センセーショナルと言われていたTREK・YシリーズのMTBは知らなかったようだ。

IMG_1471

写真は我が家の所有車であるTREK・Y-11。写真のは1997年式だが、登場年は1995年と、BD-1・スタンダードフレームと同い年のデザインだ。自分の人生の中で、TREKのYフレームは、街中で3台みたことがある。(YフレームのカーボンMTBを2台とY-FOIL)

NXBコンセプトで最大の特徴なのが、シートマスト形のフレーム形状だ。未来的な形状だが、昔からあるデザインで、MTBルック車まで採用されているため、少し古いシートマストタイプフレームのMTBだと、ルック車と間違われることもある。NXBコンセプトはフレームにサスペンションがないハードテイルだが、この形状ならフルサスペンションでも良いだろう。前後サスペンションはロックアウト機能を付ければ、舗装路の無駄なサスペンションの沈み込みの対策もできる。一番の問題はフレーム形状は、オンロード車みたいにトップチューブが高く、これでオフロードを走って万が一足を付く場面でトップチューブに降りたら、トップチューブを股間にぶつけるのは間違いない。このままだと悪路を走れないMTBルック車なのは確実なのに、フロントサスペンションは本格的な倒立フォークで、ハンドルはセパレートハンドルで意味のなさそうなツノがついていると、何をしたいのかがわからない。オフロードは走れず、オンロードは走りが重そうで、オートバイの免許を持っていない子供が欲しがりそうなMTBルック車といったところだ。NXBコンセプトは、LEXUS NXのイメージを自転車に当てはめたらしいが、これだと、LEXUS NXは悪路では事故を起こしそうで、舗装路はトロくて、幼稚な形にウケる幼稚なユーザーのためのクルマですと言っているようなものだろう。

合理的なデザインの理由がなく、自転車として失格なLEXUS NXBコンセプトだが、自分だったらどうするかを考えてみた。自分ならフレームデザインはYフレームをシャープにして、フレーム素材はカーボンでスイングアームはハイドロフォーミングのアルミスイングアームにする。車輪は700cだが、ホイール交換で27.5インチMTBに対応し、クワハラ・ガープみたいな簡易折りたたみ機構を付ける。サスペンションは本格的なMTB用サスペンションでロックアウト機能は当然装備させ、オンロードからオフロードまで走れる自転車にするだろう。

スポンサーリンク