公道用ロードバイクタイヤの決定版 パナレーサー・ツアラーを使ってみた

我が家では、ロードバイクのタイヤは、長い間、パナレーサーのパセラ・ブラックスを使っていた。パセラ・ブラックスを使っていた理由は耐久性で、荒れた舗装路でも、パンクしにくく、価格が安かったからだ。

IMG_0007

パセラ・ブラックスは他のロードバイク用タイヤとくらべて、重量やグリップは良くないが、その手の高性能なタイヤは、写真のようなよく行く道ではサイドカットしたりするなど、問題が多発するので、パセラ・ブラックスしか使わなかった。

そんな我が家が、タイヤをパナレーサーのツアラーに変えようと思ったのは、イオンの自転車売場で、ツアラーが1000円台で投げ売りされていて、買ったからだ。装着すると、パセラ・ブラックスよりも走りが軽く、コーナーを曲がるときでもグリップしてくれるけど、耐久性は他のロードバイク用タイヤと変わらないと思って、あまり期待してなかった。

ただ、使っていて行くうちに、耐久性が強いことがわかった。

2013-09-08 16.40.56

ツアラーのタイヤを外して、タイヤを見てみると、大きな窪みを見つけた。恐らく路面が悪い所を走っていて抉れたのだと思うけど、通常のロードバイク用タイヤなら完全に穴が開いている状態でも、穴が開かない。ロードバイク用タイヤとしては性能が劣るパセラ・ブラックスならまだしも、ロードバイク用タイヤの性能を持っていて、これだけ耐久性があるのなら、また買っても良いと判断して、リピーターになることを決めたのだった。

スポンサーリンク