自転車の防寒対策を考える

冬場、自転車に乗るには防寒対策が重要ですが、高価な自転車用の防寒対策を購入しなくても、ホームセンターや衣料品店で代用することが可能です。

流行りのヒートテック等の発熱性下着や手袋は必需品で、山の下り坂では風でさらに寒くなるので、ウインドブレーカーや合羽等の防風対策も必要です。

手袋だとゴワゴワしてブレーキをかけるのが難しいなら、自転車用品でハンドルカバーがある。普通の防寒用ハンドルカバーは、シティサイクル用がほとんどだけど、スポーツ自転車用もあり、ドロップハンドル用もあるとのこと。

バイク用の防寒用品も使える物として知られているのは、トゥウォーマーでスニーカーでも足の先が寒くなりにくいです。

このような防寒対策をしても寒い時は寒いです。そのような時はカイロを持っておけば、手がかじかんでも凌ぐことが可能です。個人的にお勧めなのは、ハクキンカイロ等のベンジンを使うカイロで、使い捨てカイロよりも暖かく、長時間使用できるので気に入っています。

自転車専用用品を揃えなくても、ある程度の防寒対策は可能で、これらを全部揃えても大体1万円以下で済みます。

スポンサーリンク