2014年度版 2万円台のお勧めのクロスバイク

2万円台のスポーツ自転車は、石みたいな物が殆どだが、その中に光る物も存在する。かつては2万円台のスポーツ自転車は、ネットのほうがいい物は買えたが、今は店頭売りされている物やブランドのほうがいい物を見つけることが殆どだ。

近年、2万円台のスポーツ自転車の中で、頭角を現しているのがクロスバイクタイプだろう。いくらやっても使えない鉄フレームの重量17キロ以上あり2万円台もするのに褒める所が無いMTBルック車よりも、2万円台のクロスバイクを買った方がいい。

最近では2万円台でスペック上では、有名ブランドのエントリースポーツ自転車が買える物もある。しかし、有名ブランドのエントリースポーツ自転車とは大きな差があるのを覚えた方がいい。

安物スポーツ自転車で諦めたほうが良いところ

また、あと1万円を足し、3万円台になると本格的なクロスバイクが買えてしまう。この1万円の差は非常に大きく、有名ブランドのエントリースポーツ自転車と負けないクロスバイクが購入できてしまう物もある。本気で自転車をやりたいなら、もっとお金を出すべきだろう。

これらのことを頭に入れていて購入するのなら、MTBルック車よりも使えるので、基本街乗りプラスアルファで使うならいいだろう。それ以上の事に使うのなら、部品性能の見極めが必要になり、部品交換が必要な場合がある。こういう場合は最初から3~5万円台のクロスバイクを購入したほうが、いい場合が殆どだ。

今回は自分がお金を出したいと思った2万円台のクロスバイクをピックアップしてみた。なお、独別な解説が無い物は、価格は税抜き価格、車輪の装着方法はナット止め、車輪・タイヤ幅は700×28c、前3段・後ろ7段、重量は12キロ台と思っていい。フレームサイズは全車1種類しかなく、一応車種ごとに適応身長があるが、この手の安物スポーツ自転車は、平均身長に合わせてある自転車が殆どで、165~175cmぐらいの身長の人が乗車するのが良いのが殆どだ。自転車のサイズは靴のサイズと同じくらい重要で、サイズが合わない自転車を買うのはやめたほうがいい。

マックステックス クロスバイク

ノガード クロスバイク

Momentum iNeed700-2

Momentum iNeed SE-F

アートサイクルスタジオ C400

スポンサーリンク