量販店用ママチャリ・シティサイクル・ファミリーサイクルの価格基準を提示してみる

自称「安い」と言っている量販店のプライベートブランドの自転車だが、シティサイクルの世界ではナショナルブランドのほうが安い物がほとんどだ。ブリジストン等の自転車ブランドは、量販店に卸す安価な自転車がある。ブリジストンや丸石等のナショナルブランドの安価なシティサイクルは、オープンプライスになっていて、実際の価格がわからないのが多い。そこで、量販店に行ってきて調べて、基準になる自転車の価格を調べてみた。世の中にはナショナルブランドよりも高いくせに、部品構成が酷いプライベートブランドのシティサイクルやファミリーサイクルがごろごろあるので、これらの自転車を基準にして部品構成を見ればいいだろう。因みに、サカモトテクノは現在調査中だ。また、カタログやネット界隈に出ない量販店のナショナルブランドの自転車は沢山あるため、これらの情報は随時更新します。

・ブリジストン プロムナード

内装3段変速にLEDオートライト、アルミリム、子供用同乗器対応スチールフレームを装備している。この構成なら2万3千円台以内なら買い得だろう。

・丸石 ソアラ

シングルギアにLEDオートライト、アルミリム、頑丈なディンプルキー、カートリッジ式ボトムブラケットが標準装備され、子供用同乗器対応アルミフレームで2万4千円台以内なら買い得だろう。

スポンサーリンク