なんとBD-1・スタンダードフレームが復活した!

折りたたみ自転車なのに、フレームにヒンジがなく、前後サスペンションがメカメカしくて特徴的なBD-1は人気の折りたたみ自転車だろう。そんなBD-1の現在の主流は、モノコックフレームで、直線的な旧来型のスタンダードフレームは消えた

と思ったら、なんと旧来型のスタンダードフレームが復活するらしい。日本未発売のWorld Birdyでは無く、楕円パイプを使ったスタンダードフレームだ。もっとも今の時代にあったように変更はされているとのこと。BD-1・スタンダードフレームで大嫌いなフレーム一体型シートクランプも、フレームと別体式になっている。

個人的に驚いたのは、スタンダードフレームのBD-1が登場したのは1995年ということだ。

IMGP0010

実は、我が家にはBD-1と同じ年の1995年に登場したデザインの自転車がある。それはTREK Y-11で、初登場した時代は1995年と、BD-1と同じ年に登場したようだ。TREKの歴史いわく「その革新的なフレームデザインで自転車業界に大きな衝撃をもたらした。」とのことだ。我が家のY-11は1997年式だけど、1995年の初登場モデルと同じフレームらしい。

そんなY-11のデザインも、今の時代だと、ランボルギーニ・カウンタックみたいな古典的な未来デザインだ。一方で、BD-1スタンダードフレームは今でも古臭くなく見えるのが凄い。さらに基礎は今でも通用するのが更に凄い。登場して既に18年経過しているのに、レトロと思われない貴重な乗り物だろう。

スポンサーリンク