スリックタイヤのMTBで林道は走れるか

マウンテンバイクを舗装路で快適に走るための定番改造といえば、細いスリックタイヤに交換するのが定番改造で、最初からスリックタイヤになっていた街乗りマウンテンバイクというのもあったとか。

スリックタイヤにすると、走りが軽くなって楽に移動できるので、舗装路を走るのにはいいとこづくめだが、人によっては未舗装路でスリックタイヤを走るとどうなのか?と思う人もいると思う。

IMG_2091

昔、林道の未舗装路をスリックタイヤのマウンテンバイクで走ったことがあったけど、結構走ることができる。通常の太いブロックタイヤを装着した時の安定性はないが、スピードを落として走れば結構いける。使用したタイヤ幅は1.5と、マウンテンバイク用スリックタイヤでは標準的な太さ。この太さでも、シティサイクルのタイヤよりも太いので、飛ばさなければ走ることができる。ただ、スリックタイヤによっては、軽量化等の理由でタイヤサイドが薄い物があり、それらのタイヤを使うと、石で傷つけてタイヤを駄目にする場合がある。

スポンサーリンク