自転車屋が自転車が壊す!?「バック広げ」というテロ行為

シティサイクル・ファミリーサイクルでの後輪の着脱は非常に難しい。我が家は後輪のタイヤ交換やパンク修理が嫌で、全車スポーツ自転車にしてしまったほどだ。

でも、世の中にはシティサイクル等の一般車の後輪着脱を簡単に行うものがあるらしい。バック広げというのを使えば簡単に車輪の着脱ができるようだ。

このバック広げ、どう考えても問題があり、使うとフレームに傷が付くとか、フレームが変形するとか、漕ぎが重くなるとか、まっすぐ進みにくくなるとか、スタンドの安定感が悪くなるなどの多くの問題を発生させるとのことだ。

アルミフレーム、電動車・ベルト車・外装変速機の自転車には使用しないでください。

また、小径車などのチェーンステーが短い自転車には使用しないでください。フレームが破損する恐れがあります。

と書いてあるが、それを無視して使用禁止車種の自転車で行う自転車屋があるらしい。

このバック広げをわかりやすく書くと、扉を交換する時、金槌で金具やフレーム等をぶっ叩いて外すレベルで、最近流行りのバイトテロ並、もしくはそれ以上の問題だろう。信頼してプロに任せたら自転車を壊されたような物だ。バイトテロならぬ社員テロみたいな物だろうか?

対策を考えるとしたら、主に2つ。1つ目はバック広げさせない自転車にする。例えば。プレシジョントレッキング・シェボーF等のスポーツ自転車の部品を使った街乗りクロスバイクは、簡単に車輪が外れるのでバック広げは使わないだろう。もうひとつはバック広げを使わせないことだ。バック広げを使う理由は素早く交換するためで、「素早く交換しなくていいからバック広げを使わないでくれ」と言えば、バック広げは使わないだろう。釘を挿してもバック広げを使ったら大問題だ。

個人的に思うのは、シティサイクルのリアブレーキの構造は、自転車屋ですら難しく、新しいシステムを作ったほうが良いのかもしれない。しかし、低メンテナンス性に優れているシティサイクルの複雑な後輪ブレーキ周りをシンプルにするのは難しいと思う。

スポンサーリンク