自転車解説 ビアンキ PISAシリーズ

・自転車のコンセプト

ビアンキの小径車には2つの種類がある。レトロデザインの小径車「MINIVELO」シリーズと現代的デザインの「PISA」シリーズの2種類がある。PISAシリーズには、街乗り用の「PISA FAMILY」と、長距離を走ることができる「PISA SPORT」の2種類がある。

・フレーム/フロントフォーク

アルミフレームにハイテン剛のリジッドフォークを採用している。フレームサイズは1種類しかなく、現在のスポーツ自転車では一般的なアヘッドステムを採用しているため、ハンドル高さを上げるのが難しい。身長が高い人は、事前に確認した方がいいと思う。

・ブレーキ

ブレーキは前後ともシマノBR-M422というVブレーキを採用している。街乗り用ならこれで十分といえるほど効くだろう。

・変速機/ギア比

PISA FAMILYは前1段・後ろ8段のロードバイク用ギアを採用している。前のギアは通常の大径車輪の自転車のギア比と同じため、ギアが軽すぎる可能性がある。

PISA SPORTSは前2段・後ろ8段のロードバイク用ギアを採用。SPORTSモデルは前2段あり、前のギアは大型のロードバイク用ギアを採用しているため、ギアが軽すぎる可能性はほぼ無く、下のギアもあるため長距離ツーリングもOKだろう。

・車輪径/タイヤ幅

PISA FAMILYは20×1.5と、この手の小径車としては普通の太さだ。PISA SPORTSは20×1.25とFAMILYよりも少し細く、スピードを出すのは有利だ。

・部品構成

ブレーキや車輪の車軸部分はシマノ製を使っていて、その部分はいいと思う。PISA FAMILYは完全に街乗り用なため、泥除け、前後キャリア、スタンドを標準装備している。因みに長距離もOKなPISA SPORTSも泥除けを装備している。

スポンサーリンク