29インチMTBホイールをダウンサイジング化

26インチマウンテンバイクが主流だった時代、街乗り用のマウンテンバイクを作る時は、幅の細いスリックタイヤにするのが普通だった。ただ幅の細いスリックタイヤにすると、同時に車輪の径が小さくなり、加速は良いが、伸びない自転車になってしまうので、お金がある人は、700Cの車輪を購入し、700Cする人もいた。メーカーも26インチのMTBに700Cの車輪を標準装備した自転車を売っていた所もあった(Louis garneau DWシリーズ等)26インチMTB車輪を700C化する時、Vブレーキ等のリムブレーキ車は、車輪の径が大きくなるとブレーキの位置が変わる問題が合ったが、ディスクブレーキ車は、ブレーキと車輪の径が関連していないので、比較的楽に700C化できたらしい。

26インチMTBに700Cを入れることができるのなら、逆のことを考える人もいるようで、29インチMTBに650B(27.5)や26インチを装着する人もいるようだ。

GIANT XTC29erを27.5インチブロックタイヤに装着したのが以下のURL

Y's Road 環八R1店、売り場面積350坪の日本最大級のプロショップです。通常見ることができない超高額車などオールジャンルで展示もしております。ウエア、シューズ、ヘルメットなどの安全・快適アイテムも充実。特にロードに力を入れており、サンデーライドやスピニングスクールなどを随時開催しております。また、さまざまなジャ...

見た目は、けっこう普通だけど、実際に走ってはいないとのこと。

Trinity PLUSの29インチMTBに26インチスリックタイヤを装着したサイトも発見した。

まあ、今更26インチ化といってもすでに前輪はBOA-Gを履かせていたわけですが、後輪もロングテールバイクからの移植です。何も特別なことはなく、スプロケット・ディスクローターを変えて取り付けました。前後のホイールがそろったので多少見栄えは良くなったかも。

タイヤは26×2.35と大きい。

trinity 29

写真を見ると、ペダルの位置がけっこう低く、普通の街乗りやツーリングならOKかもしれないけど、オフロード走行をすると、BB付近が低いのでぶつかる可能性があると思う。また、26×1.5等の細いタイヤを装着したら、ペダルが地面にぶつかる可能性が高い。

スポンサーリンク