ママチャリだってディスクブレーキ化できる!「ママチャリ用リアディスク化キット」

シティサイクルやファミリーサイクル等の、いわゆるママチャリは部品交換の面白さがあまり無い。例えば後ろブレーキの種類は少なく、ディスクブレーキにして、カッコ良くするのは難しかった。

しかし、今ではママチャリ用ディスクブレーキキットという凄い部品があるらしい。なんとバンドブレーキ、サーボブレーキ装着車にそのまま装着できるとのこと。但し、シマノ・インターM等のローラーブレーキはハブの規格が違うため装着できないらしい。
取り付け方法はよく考えてあって、サーボブレーキ車や同じサイズのネジが切ってあるハブにディスクブレーキを取り付けて、フレームにキャリパーのブラケットを装着し、キャリパーを固定するというもの。フリー側・固定側スプロケットをディスクと入れ替えれば、リヤエンドが狭いピストなどにもディスク化が可能になるようだ。ブレーキレバーはキャリパー、カンチ、サーボ、バンドタイプ用でOKらしく、MTB用のVブレーキとは規格が合わないとのこと。

ママチャリやピストにディスクブレーキという方に今ロットよりVブレーキ用のレバーに適合します。

・部品の詳細

チェーンステーまたはシートステー径17mm以下
ハブ軸8mm~10mm用(クイックリリース不可)
ローター径は160mmでPCD48mm
ローターアダプター(ネジ径が1.37インチ、ネジピッチが1インチに24山BC1.37-24)

とのこと

使用している人のブログを読むと、2.3インチスリックをロックさせるだけの力はあるとのことで、けっこう効くようだ。

タイトルの物を、オークションで落札しました。3000円でした。現在は、出品者のハンダ技研さんがホームページを開設されており電動自転車関係を中心に販売されています。セット内容を写した写真がボケていたので、いきなり完成写真です(しかも、Talera)。

後輪のパンク修理が嫌で、自宅の自転車を全部スポーツ自転車にしてしまったけど、シティサイクルにディスクブレーキをつければ、パンク修理も簡単にできるかもしれない。

スポンサーリンク