自転車解説 Bianchi メトロポリシリーズ

・自転車のコンセプト

比較的スポーツ志向のクロスバイクに、荷台や泥除け、スタンドを標準装備したスポーツトレッキングバイク。2014年モデルはディスクブレーキ仕様とVブレーキ仕様の2種類と、女性向けモデルが有る。

・フレーム/フロントフォーク

アルミフレームにアルミ製リジッドフォークを採用。重量14キロ台だが、荷台や泥除け、スタンドを含めた重量なので、この3つを外せば恐らく12キロ台はいける可能性がある。女性向けの「LADY」は、男性用の「GENT」よりもフレームの上部チューブ(トップチューブ)を低くし、乗り降りしやすくしている。女性向けだけど、カラーリング的に男性でも使える。

・ブレーキ

通常のモデルはVブレーキ。Discはシマノの油圧ディスクブレーキを採用している。Vブレーキは構造がシンプルで補修用部品が安いが、雨の日の制動力が晴れの日と比べて落ちる。ディスクブレーキ仕様は、油圧ディスクブレーキでVブレーキよりも強力な効きだが、補修用部品がVブレーキよりも高く、工賃も高いと思われる。

・変速機/ギア比

前3段・後ろ7段/後ろ8段(ディスクブレーキモデルのみ)のMTB用ギアを採用。MTB用ギアは、急坂もギアを下げれば登れるのでオールマイティに使える。

・車輪径/タイヤ幅

700×35c。タイヤ幅はシティサイクルとほぼ同じ幅だ。タイヤサイドにはライトの光で反射するようにラインがついている。

・部品構成

価格的に標準的な部品構成。スタンドはセンタースタンドなので輪行でも邪魔にならないし、ハンドルは高さ調整が可能なアジャスタブルステムになっている。街乗りから長距離ツーリングに使える部品構成になっている。スポーツ的な使い方をするのなら、スタンドや荷台、泥除けを取り外せばいい。因みにクロスバイクに荷台や泥除け、スタンドをつければ、メトロポリのような自転車はできるが、最低でも部品代だけでプラス1万円近くはかかるのを覚えておこう。

スポンサーリンク