自転車解説 サイクルベースあさひ・シェボー

サイクルベースあさひの自転車の中では、比較的高価な自転車なのがシェボー(旧名シェボートレッキングアルミ)だ。値上げ傾向にある今でも3万円ちょっとで、本格的なサスペンション付きクロスバイクが購入できる。安くてよく出来ているが、車輪で大幅なコスト削減をしている。

・フレーム/フロントフォーク

フレームはアルミフレームで、フロントフォークは街乗り用のSRサンツアーのM3000を装備している。フレームサイズは3種類あるのは良い。設計的には、プレシジョンスポーツみたいに前傾姿勢を強いられるスポーツタイプでは無く、比較的緩い姿勢で走るトレッキングバイクタイプだ。

・ブレーキ

前後ともVブレーキを採用している。安いVブレーキは比較的よく効くが、もっとよく効くVブレーキが欲しい場合は、シマノのBR-M422という1000円ちょっとで買えるVブレーキにすれば、もっと効くだろう。

・変速機/ギア比

前3段、後ろ7段のMTB用ギアを採用。MTB用ギアは、ギア比が低いので急坂もギアを下げればのんびり登ることができる。

・車輪径/タイヤ幅

700x38Cを採用している。タイヤ幅はシティサイクルと同じくらいで、スポーツ自転車に慣れていない人でも違和感は無いと思う。車輪は大幅にコストを落としていて、車軸部分(ハブ)は2万円台のMTBルック車レベルのナット止めで、スポークもメッキの質が悪かった、リムは3万円の自転車レベルでそれなりに良いが、体重が重かったり、長距離を走る等、本気で走る人は、最初から車輪交換を頭に入れた方がいい。正直言って3万円の自転車の車輪ではない。2万円の自転車の車輪だ。

・部品構成

泥除け、サイドスタンドが標準装備していて、買い物もできる。ハンドルも高さと角度を調節できるアジャスタブルステムがついていて、アップライトな姿勢から、前傾姿勢までできるだろう。個人的には、どんなスポーツ自転車を買えばいいかわからない人には、このようなタイプがいいと思っている。シェボートレッキングアルミはよく出来ているが、車輪が安物なのが残念だ。

スポンサーリンク