今日のお買い得自転車 Schwinn Frontier

2013年モデルのSchwinn Frontierが一部で2万3千円台で購入できる。今の時代、ルック車すら2万5千円を超えるのがあるだけに、街乗りと割り切ればお買い得だろう。エントリークラスのみを中心に販売しているSchwinnのFrontierは、自転車専門的向けの一番安いスチールフレームのMTBだ。本気でスポーツ自転車に乗りたいのならもっとお金を出すべきだが、街乗りなら価格も手頃なのでいいと思う。

・フレーム/フロントフォーク

スチールフレームにスチールのリジットフォークを採用している。重量も他のアルミフレームのMTBより重いと思う。フロントフォークの形式は1.1/8のオーバサイズで、本物のMTB用のサスペンションフォークをつけることもできる。ルック車だと通常のMTBより細い経の1インチがほとんどで、本物のMTB用サスペンションフォークはつけられない。

・ブレーキ

Vブレーキを採用している。街乗りならこれで十分だし、Vブレーキタイプの馬蹄錠もあるので、むしろ利点がある場合もある。

・変速機/ギア比

前3段・後ろ7段のMTB用ギアを採用している。街乗りならこれで十分だろう。

・車輪径/タイヤ幅

26×2.0のMTB用タイヤとホイールを採用している。スペック表によると、ダブルウォール(2重構造)リムを採用していてMTBルック車よりは頑丈だろう。前後クイックリリース機能のハブがついているので、簡単に車輪が外せる。

・部品構成

昔なら3万円でフロントサスペンションフォーク付きのアルミフレームMTBが3万円で買えたが、値上げの時代では殆ど消えた中、SchwinnのFrontierは珍しく3万円以下で買えるスポーツ自転車だ。ただ、重量が重く、もう少しお金を出すとアルミフレームのMTBが買える。

SchwinnのFrontierを買うのなら、本当に3万円以下しか出せないけどできるだけいい自転車がほしい等、ある意味割りきって買ったほうがいいだろう。MTBルック車を買うならこっちを買ったほうが絶対良いが、本気でスポーツ自転車がほしいなら、もっとお金を出した方がいい。

スポンサーリンク