新型タントを見て自動車に金をかけるのが馬鹿臭く感じる時代に感じた

今日登場した、新しいタントタントカスタムは、ホンダのNBOXに真っ向から対決するようになっている。

初代タントは、窓ガラスを少し寝かせてたしヒンジドアで、軽ミニバンというよりは屋根を高くしたムーヴといった車で、キワモノと思っていたのか登場初期は売れ筋のカスタムを出さなかった。(なぜかキワモノの4ドアハードトップ車のオプティには実質的なエアロダウンビークスというカスタムモデルはあった。)しかし、タントのヒットによって各社、軽ミニバンが売れると思い、似たようなモデルを出した。

特に最後発のホンダ・NBOXは、ダイハツ・タントやスズキ・パレットみたいに、乗用車の香りを出すための前の窓ガラスを寝かすのをやめ、ほぼ直立させて、乗用車を放棄したデザインしている。かつては、ワンボックス車でも、窓ガラスを寝かしてスポーティで乗用車ぽく見せていたのが殆どで、昔のタウンエースボンゴワゴンを知っている人からみたら驚きの形だ。さらに軽自動車は貧弱なイメージだったのを、横滑り防止装置の全車標準仕様等、コンパクトカーに負けない装備や作りにして大ヒットした。(因みに、ホンダは初代シティワンダー/グランドシビック時代にあったシャトルシリーズステップワゴン等、乗用車を元にして屋根が高い車を売り出すのは得意だったりする)

新型タントは、ホンダのNBOXに真っ向から対決するようになり、NBOXみたいに乗用車をやめたような、前の窓ガラスをほぼ直立に近いデザインにしている。勿論、流行りの衝突軽減装置のスマートアシストや燃費を改善させている。勿論タント独自の片側センターピラーレス機構等、独自の機能を盛り込んでいる。タントカスタムは、流行りの純正改造車グレードで、カスタム系はダイハツが1番と言わんばかりに派手になった。今時珍しいバックドアの装飾品は、昔のハイエースのワゴンにあったリアガーニッシュを貧相にしたような感じになっているのが気になる。ファミリーカーのイメージのタントとくらべて、タントカスタムは王者の風格とか書いてあって、まるで小さいヴェルファイアな状況なので、チビファイアと言われそうな気がする。

価格も安いのは120万円近くし高いグレードは160万円を超えるようになっている。ただ、装備面は普通乗用車と変わらない状況になっているので、このぐらいするのは納得できる。そんな新型タントを見ると、自動車に金をかけるのが馬鹿臭く感じる時代になったと感じた。今の時代の軽乗用車とクラウンの差は、昔の車を知っている自分にとっては、実質的にはカローラとカムリの差程度にしか感じない。昔の660cc初期の軽乗用車とクラウンの差なんて、今だと軽バンの一番安いのとベンツSクラスぐらいの差があった。昔を本当に知っている人にとって、今の時代の軽自動車はファーストカーでいいと思う人もいるだろう。

高い車は完全に売れなくなっている今の時代は当たり前だろう。安価な自動車まで衝突面での安全面が上がり、室内が広くなったのなら高い車を買う意味を持つのが難しくなった時代、安い車を求めるのは必然だろう。

スポンサーリンク