GIANTが力を入れている新世代GT系バイク 2014年 GIANT ANYROAD

2014年モデルで登場したGIANT ANYROAD。台湾では2013年モデルから登場しており、台湾のWebページの背景にANYROADが写っているのが多く、他の高価なモデルよりもプッシュしている自転車だろう。

Anyroad

フレーム造形は非常に気合が入っている。シートクランプが無く、まるで流行りのシートポスト一体型フレームと見間違うかのようで、従来よりも大きくて使いやすそうな補助ブレーキレバーも、ついている。タイヤ幅は32cとそこそこ太いのを装着し、舗装路や舗装した林道で登場する砂利道でもパンクはしにくいだろう。

ANYROADのジャンルは、ロードバイクやシクロクロス等の「レーサー」では無い。レース用バイクならもっと前傾姿勢をきつくしているが、ANYROADは前傾姿勢を緩くした設計にしていて、ツーリングバイクのジャンルに入るだろう。しかしANYROADの面白い所は、他のツーリングバイクみたいにレーシングバイク臭を消したデザインではなくて、あえてレーシングバイクみたいなシャープなデザインにしているところだ。

新世代のツーリングバイクのANYROADはロードバイクに持つ、速くて特別な自転車という一般人のイメージを、崩さないで乗れる自転車だろう。ロードバイクみたいなシャープなデザインに、緩い前傾姿勢。比較的低いギア比に、荒れた道でも行けるタイヤ。ロードバイクの現実を感じて夢を崩さなくて、夢を実現できる自転車だ。

一番の問題は、ANYROADは日本では売れるのだろうか。巷の多くのマニアは、どんな乗り物でもレーサーがエライような風潮が多く、特に簡単にレーサーが買える自転車は乗り物の中では一番多いのでは?と思う。たしかにレーサーはカッコいいし、速く走れるように思えるが、過度な前傾姿勢による痛みや、重すぎるギア比等の対策をしないと、クロスバイクのほうが速く走れてしまう場合のほうが多い。自分も自転車を始める頃はレーサーのかっこ良さに魅力はあったが、いざじっくり乗って、三国峠を越えて日本海まで走ったりすると、公道をレーサーで走るのがはたして快適なのか?と疑問を持つほどになった。正直言って三国峠超えの時は、総合的にEscape Rみたいなクロスバイクのほうが良いと思うことが何度もあった。

ANYROADの一番の敵は自称マニアだろう。コンセプトが理解できる本物のマニアやプロは注目する自転車だが、殆どのマニアはあまり注目しない自転車で、むしろ下に見るだろう。日本で、この自転車がどこまで売れるのかが見ものだ。

スポンサーリンク