効果が低く悪名高いパンク防止剤

自転車の身近な問題として知られている物の1つはパンクだと思う。パンクは発生しやすく、直すのも面倒だ。

パンクを防ぐ物は色々あるけど、その中の1つにパンク防止剤というのがある。特殊なスライム状の液体をチューブの中に入れることで、画鋲程度の穴なら自動的に塞いでしまうというもの。

しかし、リム打ちパンク等のそれ以外のパンクには、あまり効果がなく、チューブが破れて、車体にパンク防止剤がべっちゃりつく。このパンク防止剤が入っていると、パンク修理もしにくいので自転車屋は嫌がるところもあり、チューブ交換になってしまうところも多いようだ。因みに、チューブラータイヤだと効果があるという人もいる。

自転車量販店で自転車を買うときに、パンク防止剤を勧めるところがあるようだが、買わないほうが賢明だろう。

参考url

サイクルベース「あさひ」で自転車を購入した際に薦められる「パンク防止剤」についての質問です。「あさひ」で購入し「パンク防止剤」を入れた自転車が、ごく普通にごく普通のパンクをし、自転車屋で直してもらったら防止剤が入っているからチューブを交換しないとダメと言われました。3000円近い出費です。自転車屋さんの話ですと「あさひ...
こんにちは、矢野です。これ、なんだか分かります?パンク防止剤(メーカー不明)の入ったチューブです。量販店の自転車で、オーナーさんは入れた記憶がないそうなのでも…
スポンサーリンク