Tannus ノーパンクタイヤの評判をまとめてみた

はるか昔の自転車のタイヤは、チューブが無く、ゴムの塊のようなタイヤだけで走っていたらしい。そのようなタイヤは振動が大きく、タイヤと空気が入ったチューブが主流になったようだ。ただ、この形式だとパンクの問題が発生する。パンクしないタイヤも存在するけど、乗り心地が悪かったり、車輪がすぐ駄目になるなど、いろいろな問題があり主流になっていないようだ。

そんな中、Tannusノーパンクタイヤは、今でのノーパンクタイヤより軽くて乗り心地が良くた謳っていて、装着さている人もいるらしい。そこで、tannusノーパンクタイヤの評判を纏めてみた。

乗り心地については、通常のシティサイクル用のタイヤと比べるとお尻が痛くなるとのこと。空気の層がないので、ショックの吸収が少なく、ロードバイク等の高圧タイヤを履いているスポーツ自転車よりは良いとのこと。他のノーパンクと比べると、衝撃吸収性は良いとの意見もある。

tannusノーパンクタイヤはシティサイクル用だけでなく、ロードバイクやMTB、ミニベロなどのサイズがあるので、スポーツバイクにつける人もいるので、スポーツバイクユーザーの意見を纏めてみた。

走りは、通常のタイヤよりも、漕ぎが重くてすぐに減速してしまい、惰性で進まないらしい。グリップ力があまりないので、サイクリングなどのスポーツ走行には向かないとのこと。

また、tannusノーパンクタイヤの取り付けは特殊で、タイヤを装着するのに、購入時に付属するピンをレバーで押し込んでいく作業が力とコツが要るらしい。

とある自転車屋では、両方の車輪を同時にtannusノーパンクタイヤにすると1本6,000円近くするタイヤ代にプラスして、工賃として5,000円かかるとのこと。工賃は高いが特殊な取り付け方法を見ると、このぐらい出すのは妥当だと思う。

輸入元いわく、tannusノーパンクタイヤは、通常のタイヤと変わらないノーパンクタイヤと謳っているけど、ユーザーの話は、通常のタイヤよりは劣るようだ、ただ、今までのノーパンクタイヤよりは良いとのこと。パンク修理が難しいシティサイクルの後輪に使うのなら面白いと思う。

耐パンク性を高くしようとすると、タイヤの肉厚は厚い方が良いわけで、タイヤの幅が細いよりは太い方が断面が丸い分、肉厚はかせげる… というロジックで28Cをはかせた結果、パンクの心配からは解放されたものの、重量的にも重くなったし、接地面が広がっ..
春に入荷していましたが、なかなかお伝えする事ができなかった、ノーパンク自転車なのですが、折りたたみのタイプを試乗車として用意させていただいております。 ...
★Tannus(タンナス) 2003年に創業のKOREAブランドTannus Tire。 ポリマーテクノロジー…
CCA(サイクル・カルチャー・アソシエイション)は自転車で心身の健康を追求する世界一ささやかな協会です。
スポンサーリンク