一般ユーザーから見る650Bマウンテンバイクの欠点

近年、MTB界で話題になっている650B。650Bは今までのスタンダートな26インチと、26インチよりも大きい29インチの中間サイズといわれている。2014年から、各社650Bモデルを投入し、Bianchiにいたっては、エントリーモデルにまで、650Bモデルが登場している。

650Bの走行性能などの機材系の話は、他のサイトの解説でまかせて、ここでは、オフロードから舗装路を走る、一般ユーザーにとって650Bマウンテンバイクの欠点を考えてみる。

(機材面から見た650Bマウンテンバイクの参考URL)

aka.chirosangaku - フリーライド系モノ派自転車の話題中心に語りを入れているブログです。
27.5インチホイールのMTB 最近、チラホラと耳にします。新しいMTB用ホイールの外径。そういう新しい規格の..
実際に見えている風景を、写真によって再現することはできません。29インチの前に27.5インチを配置して掲載したかったのですが、そのレイアウトでバイクを配置すると、車輪の大きさが同じ位になります。諦めて、29を前に持ってくると、その差は“演出かっ!”という程に強調されます。何のコメントもなしで掲載すると、お叱りを受けそう...
aka.chirosangaku - フリーライド系モノ派自転車の話題中心に語りを入れているブログです。

650Bマウンテンバイクで一番問題になるのは、現時点では、低価格な部品が手に入らないことだと思う。特にタイヤは26インチや29インチと比べると、低価格品の物が無い。自分が調べた限りだと、一番安い650Bタイヤは、IRCのミトスXC 650B。希望小売価格は4,830円と高い。

スポンサーリンク