東京から三国峠経由で日本海まで走ってきました(2013年8月24日)

東京から三国峠経由で出雲崎まで、1日で走ってきました。(走行距離290キロ、所要時間19時間30分)詳しい事はどこかで書くことにして、思ったことを書いてみます。

・三国峠は東京方面から登るのは意外と楽

IMG_0069

三国峠というと、なんとなくイメージとして、非常にキツイというイメージがあるけど、和田峠等のキツイ所と比べたら楽。速い人ならけっこう速く走ることができると思います。

・三国峠から新潟側の下りは危険な場所あり

IMG_0079

新潟側は傾斜が急で、所々の路面の状態が、雪国特有の粗い舗装路になっていて、危険な場面があります。特に一番危険だと思ったのは、船ケ沢トンネル内で、高速で走れる下り坂に砂利道と間違うような荒れた道で、振動がとても凄いです。端はきれいなコンクリートになっているのですが、その部分は水で濡れているので滑りやすいので危険なので、そこを走るのはやめたほうがいいです。

IMG_0006

一番キツイのは、走っているよりも、走り終わって、寝る場所を確保すること。今回はゴールで野宿することにしましたが、1時間しか眠れないので、疲れを引きずって、すぐに帰りました。下手に1日で到着するを追求するよりも、途中でネットカフェ等の休める場所で少し休んで、体力や精神力を回復させて、ゴールに向かったほうがいいと思います。

スポンサーリンク