元祖3万円ロードバイク「リターンオフ RDシリーズ」系統のまとめ

けっこう有名だった3万円ロードバイクのリターンオフだが、何時の間にか消えてしまった。リターンオフが登場してから結構な月日が立ち、何気なく考えたら、歴史があるので振り返って見ることにした。

スポンサーリンク

・リターンオフはどんな自転車だったか

リターンオフと言っても、MTBタイプやクロスバイクタイプ等色々あるので、有名なロードバイクモデルのみを書いてみる。

自分が覚えている限りだと、2007年頃の安物スポーツ自転車の世界は、相当悲惨だった。店舗でもネット通販でも、いわゆるMTBルック車しかなく、クロスバイク・ロードバイクっぽい自転車なんて無かった。

そんな中、千代鶴商会がリターンオフというロードバイクを登場させた。

3万円以下の安物スポーツ自転車では、この当時、非常に貴重だったアルミフレームを採用し、現代の規格に合った、沈頭式のロードバイク用キャリパーブレーキを採用していて、少なくとも、今販売されている、中国並行輸入モデルのGIANT WindSpeed900よりもレベルは高かった。

リアエンド幅は135mmで、一体式ディレイラーハンガーを採用していたので、曲がったら修復不可能なためフレームを捨てないといけなかったが、登場時は唯一の3万円ロードバイクだったので、購入して改造する人がいた。

その後リターンオフは進化版のRD-701NX、RD-702を登場させ、RD-703では、フレーム形状の大幅な変更をして、ついにマイクロシフト社のデュアルコントロールレバーを採用した。

・リターンオフの兄弟車

リターンオフが登場した時、安物ロードバイクの世界では、このフレームしか入手できなかったのか、あらゆる所でリターンオフと同じフレームを採用した自転車が登場した。

ほとんどの人は見向きもしなかった時代のDoppelGangerはRB2を販売。DoppelGangerは今でもリターンオフ系のフレームを採用している唯一のブランドで、40xシリーズとして今でも販売している

a.n.design worksも、リターンオフRD-701登場初期とほぼ同じ物が登場した。因みに上級モデルにFRX-700があったようだけど、ここまで値段が上がると有名自転車ブランドの物が変えてしまうので安くなかった記憶がある。

トニーノ・ランボルギーニでは、デュアルコントロールレバーが搭載されていたモデルがあり、定価55,000円と高価格だった。今のAEONBIKEで販売している5万円のロードバイクとは雲泥の差で時代を感じさせる。

トニーノ・ランボルギーニ LP-400 ランボルギニーシリーズ唯一のドロップハンドルモデルです...
スポンサーリンク