自転車解説 ライトウェイ シェファードアイアン LTDシリーズ

・自転車のコンセプト

2013年モデルのシェファードアイアンシリーズを、LTDという名前を足して続投した。通常のシェファードはクロスバイクだが、シェファードアイアンはツーリングロードバイクという違いがあるので注意が必要。

・フレーム/フロントフォーク

前3角クロモリ・ハイテンシートステーに、ハイテンフォークが装着されている。フレームには荷台取り付け用のダボ穴が、フロントフォークには泥除けが取り付け可能なダボ穴がついている。車体重量は11.7キロとロードバイクとしてみると重い部類だろう。

・ブレーキ

シマノのロングアーチブレーキがついている。ロングアーチブレーキがついているロードバイクは、28c等の少し太いタイヤや泥除けがつけやすいという利点がある。

・変速機/ギア比

前2段のロードバイク用コンパクトクランク・後ろ8段のロードバイク用のギアが装着されている。

・車輪径/タイヤ幅

700×26cだが、フレームサイズ480のモデルは650Cになり 650 x 25Cとなるので注意が必要。

・部品構成

ライトウェイは細かい所もシマノブランドの部品を使っているので、あまりケチをつけるところはない。FとDの違いは、Fはフラットハンドル仕様、Dはドロップハンドル仕様になっている。フラットハンドル仕様を購入しても、ブレーキ形式がロードバイク用のキャリパーブレーキなので、比較的ドロップハンドルにしやすいだろう。またドロップハンドル仕様は補助ブレーキレバーが標準装備となっている。

スポンサーリンク