自転車解説 GIOS SIERA

・自転車のコンセプト

GIOSの中で一番安いロードバイク。自転車関連は円安により、値上がりすると噂されているが、SIELAの2014年モデルの定価7万4千円以下と、安値を維持している。2014年モデルは、メインコンポーネントがシマノ・クラリスになり、質感が上がったので、買うなら2014年モデルのほうがいい。

・フレーム/フロントフォーク

アルミフレームに、カーボンフォークになっている。アルミフレームの形状は、現代の三次元的な立体成形されたものではなく、二次元的なパイプフレームになっている。 フレームにはキャリア取り付けのダボ穴が無く、質感は10万円のロードバイクと比べると落ちると思う。近年流行りの異径ヘッドパーツは使われていないみたいだ。

・ブレーキ

あまり評判が良くないテクトロのロードバイク用キャリパーブレーキを採用している。効かなかったら交換したほうがいい。

・変速機/ギア比

前2段のコンパクトクランク・後ろ8段のロードバイクのギア比になっている。ギア比的に峠越えは厳しい。

・車輪径/タイヤ幅

700×23cと通常のロードバイクと同じ車輪径、タイヤ幅になっている。

・部品構成

タイヤ、ブレーキはコスト削減されてるけど、その他の部品はそれほど酷くはない。流行りのプライベートブランドのロードバイクと比べても悪くない。街の自転車屋でも手に入れることができる7万円ロードバイクだろう。

スポンサーリンク