a.n.design worksの「幼児2人同乗用自転車安全基準マーク」無断使用の対応に疑問を持つ

a.n.design worksが「幼児2人同乗用自転車安全基準マーク」の無断使用かからの続き

コアジャパン(a.n.design works)側は、今回の「幼児2人同乗用自転車安全基準マーク」の無断使用についてのお詫びの発表があった。

263KDXHD貼付のステッカーに関するお詫びとお知らせから一部引用

警察庁が提示した「幼児2人同乗用自転車に求められる要件について」及びその解説の6要件について合格したものであり、
引き続き幼児2人同乗用自転車としてご利用頂けます。

会社側の見解としては、警察庁の要件に合格しているので、引き続き幼児2人同乗用自転車として使えると言っているが、ほとんどの警察や自治体では、幼児2人同乗用自転車として認められるには、社団法人自転車協会か財団法人製品安全協会の認定を受けたのしか認められていなく、少なくとも、263KDXHDは警察や自治体では認められていないと言ってもいいだろう。

奈良市幼児2人同乗基準適合自転車購入補助金制度についてから一部引用

社団法人自転車協会が定める幼児2人同乗用自転車に関する安全基準又は財団法人製品安全協会が定める幼児座席付自転車に関する認定基準に適合し、その表示がされている自転車で、かつ、幼児用座席を2つ備えたものとします

勝手に社団法人自転車協会の名前を使った時点で、評判はガタ落ちだが、本気で取り組みのなら、全車回収し、社団法人自転車協会か財団法人製品安全協会の正式に認定されたモデルを登場し、全車交換しないといけないだろう。すでにa.n.design worksは、嘘つきブランドの安心できない自転車として認識されていて、このぐらいのことをしないとブランドイメージは回復しない。

スポンサーリンク